FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


01 , 31
諸君、私は虹裏が好きだ。
諸君、私は虹裏が大好きだ。
(以下略)

そんなわけで今日も今日とて良ログを探してふたばの社へ。
今日の収穫はこんなトコ。
http://www.geocities.jp/miz_yo_kan/futaba_1167.mht

>仮面の告白
>ぼくホモだよそれでもいいの?


ふ、腹筋痛ェ……w

また何か面白いものがあったら紹介していこうと決意する痴態告白ブログ。
今度から画像も使おうかな……。


んで、後になってからまた何か面白いものを見つけたので追記。
なんかこのままネタニュース系ブログになるんじゃないかと不安になってくる。
自称批評系なんですがorz

糞会社でググると……
さすがです、ググる先生。
ググる先生、さすがです。

その糞会社の根源がしてること
惨事張るな殺すz三次元には興味ありません。
あ、いや、生身の女性は好きですよ?

でもやっぱり二次元っぽいのが好き
1月28日をチェき!
らぐどっとさんに投稿していたものを編集したようですね。
ああ、こういうROだったらいいのに。
そんな夢。

スポンサーサイト
01 , 31
ブログ開始してまだ四日なのに、何この文量(汗
少しおかしいので今日から沈静化していきたいと思いつつ。

最近寝るのが遅いせいか、やけに夢を見るんですよ。
今日見た夢なんてかなり長い時間ストーリーが続いてた気が。

確か、
9歳くらいの女の子が入院してて、その子は先天的な奇病っぽいのにかかってて、
人工透析せんと全身に激痛が走るらしく、僕はそれを励ます謎のお兄さんになってたような。
うわ、これもしかして自分の脳恥部告白ですか!? なんてハレンチ!

んで、そっから夢がすっ飛んで、なぜか自分は暗い駐車場っぽいトコを仲間と逃げてるんですよ。
3Fくらいまで登った後に、なぜか1スペース分、灰(?)が溜まってる場所があって、
それ飛び越えたところ、自分だけ飛び越えきれずに足跡残しちゃったんです。
すると何か無意味に「うわ、やっちまった……!」的感触があって、
途端に黒服黒サングラスのマッチョい黒人さんがやってきて、僕を威圧してきたんです。
何されるんじゃ、うわー! とか思ってると、彼は英語っぽい言葉で
「コイツを吸ったら勘弁してやるぜ」
みたいなことをのたまって、2連装のシケモクに火をつけると、
そいつを僕の口に、そっと差し出します。
僕はタバコ吸えないんで、「No、Sorry,Sorry...」とか喚いてて、
モノの見事にタバコは灰の中に落下しました。
彼は頭を振って「Oh...」とか言ってて、肩をがっくり落としてある方向を見ます。
僕もそっちに眼を向けると、そこにはなんと謎の金髪美女が!
僕が何か理由も不明に「Sorry...Sorry...」と未だに呻いてたところ、
黒人ダディが僕の体を押して、「行け」みたいなことを言います。
後ろで金髪美女が「bye」と言ったっぽいので、
僕も「GoodBye!」と返したら、爆笑されました。
なんで笑われたのかなあ……などと思って階段を下りていくと、

すると次の夢ですよ。
僕はやたら窓の大きいフローリングの部屋で洗濯物をたたんでて、
窓の向こうのやったら眩しい庭を見ながらほのぼのしてるんです。
すると上の階?……というか、窓の上方向から二人の子供が降りてくるんです。壁伝いに。
一人は男の子で、一人はさっき病院のベッドで寝ていた女の子でした。
男の子はうまく降りれそうだったんですが、女の子は予定通りに手を滑らせて落下します。
「危ない!」と思って飛び出す間もなく床に叩きつけられる女の子。
僕は大急ぎで介抱しようとして、

次の夢ですよ。
今度は自分、マリオになってて土管飛び越えてんです。
んで、落とし穴落ちていくと隠し通路があって、そこを抜けると

次の夢なんですよ。
なぜか今度はROの自キャラ動かしてんです。
しかもROのはずなのに翠星石とか蒼星石とかが同じギルドなんです。
どうやら自分寝落ちしてたらしくて、急に起きて「よお」とか挨拶するんですよ。
「なんかやたら人増えたね?」とか尋ねてみると、
「うん、昨日ギルドで出かけたときに偶然意気投合しちゃって、一緒になったんだ」
という返答が。自分はそれに疑問覚えつつ、無意味に騒がしい空間を眺めてて、

目が覚めたんです。
起きた瞬間「……俺、夢覚えてるぞ?」とやけにクリアな脳味噌を体験しましたよ。
一体何が起きてるんだか、マイ脳味噌。
いつもは全く働かないのに、どうしてこんな無駄なことに記憶力使うんだorz

で。
>ブログ開始してまだ四日なのに、何この文量(汗
>少しおかしいので今日から沈静化していきたいと思いつつ。

いきなりダメじゃん_| ̄|○
やっぱ自分、書きたいことがあるうちはガシガシ書いていこうと思いました。
ビバ! 自分メモ!

01 , 31
「ライトノベルという名称」に関する日記が面白かったんで、あえてここでレスしてみんとす。
ぶっちゃけ、向こうさんのコメント欄にハマらなかっただけなんですがね?
該当した友人はあとでこっそりコメントください

ライトノベルという言葉があります。
>一般に中高生向けの漫画風な小説を指すこの言葉ですが、この言葉は自然的に発生したものではなく、パソコン通信上で募集された人為的に作られた言葉だったりします。
要するにアニメっぽい絵柄のついたヲタク向け文庫の総称です。
このライトノベルが図書館に陳列されると「ヤングアダルト小説」と呼ばれるそうで、
年端の行かないエロガキがエロ本と勘違いしてワクワクしちゃうのだとか。
いやはや、アホな話ですね。

だから「ライトノベル」って言葉の印象は大事だなあ、と文末で彼は言うのですが、
ホントにそうか?
正直どっちも大差ないような気がします。
むしろ昨今の印象からすれば「ライトノベル」の方が評価低そうです。
実際、大学前のツタヤなんか行くと怖いですよ。
ティーンズ文庫の陳列棚で、陰気な男が黙々とライトノベルを立ち読みしてるんです……!
それも一人じゃなくて、3人くらい。当然人目を気にしてません。
マンガにカバーかかってるからって、アンタな……('A`;)

そういう危険なスメル漂う空間に、普通の人は近づこうとは考えません。
ただでさえ世間的に「アニメ」「マンガ」が軽視される昨今です。
一般人を装っている場合、そういうのを読んでるのが友達や同僚、
果ては彼女なんかにバレた日には言い訳が見苦しくなります

「へえ、○○君ってこういうの読むんだ?」
「いや、マジこれ面白いんだって、読めばわかるって」
「そっかあ、○○君ってこういうマニアっぽい話が好きなんだね
「ち、違うって! 俺、これは文章が面白いから買ったんだって!


少年ジャンプだとかのメジャーコミックならそれも通じますが、
ライトノベルにおいては、それは滅多に通用しないと考えた方がいいでしょう。
おそらく、エロ本をベットの上にほったからして置いたパターンの方がまだマシです

なぜそこまで言えるか、というと、
世間の持つライトノベルの印象というのが、そこまで低いからです。
これは一概に「ヲタクが読んでるから」だけではありません。
世間一般に読まれていないことが大きな一因となっています。

普段読書をしない人が読書を志す場合、基本的には流行図書から入っていくものです。
冬ソナとか蹴りたい背中とかDeepLoveとかね。
その機軸は今も昔も変わらない、現代世界を舞台に繰り広げる小説です。
その方が臨場感ありますし、共感できるポイントも多いでしょうし。
間違ってもライトノベルから入っていく人はいません。
そしてそれ以降にライトノベルに接する機会もありません。


こういう人たちが世間における大衆を担っていて、
本の売り上げランキングの原動力になっています。
↑の連鎖反応により、ライトノベルはさらに読まれることがなくなります。

この結果、多くの人がライトノベルについて何も知らないという状態が生まれます。
見えるのは本の概観だけなので、「ああ、マンガっぽいんだ」ということしかわかりません。
酷いのはここからで、ライトノベルの読者層が「ヲタク」だということです。
世間にとっての印象はその一点に絞られ、何もせずとも嫌悪の目が向けられます。
「あーゆー人たちと趣味共有したくないし……」
基本原動力はそれですね。
その上、出版社側は読者層を「ヲタクしかない」と諦めてしまっているので、
より一層ヲタク向けに方向性を立てていきます。
こんなんでは、マジメにライトノベル書いてる人に光が当たるはずがありません。



結局のところ、どんな名称で呼ばれようともライトノベルの宿命は変わりません。
ティーンズ向け文庫だろうが、ファンタジー小説だろうが、
青春ミステリーだろうが、ジュブナイル小説だろうが世間から見れば一緒なのです。
世間の求める「リアルで、感動的で、共感覚える作品」に見られない以上、
ライトノベルには永遠に「ガキっぽい」「ヲタっぽい」……そういう印象が付きまとうでしょう。

……ああ、つまり何が言いたいかって?
今まで言ってきたのとまるで正反対のことですよ。
おかしいのは世間です。

アンタら自分の目で確かめもせずに、風潮だけでバッシング食らわしてるだろ?
ついでに風潮に流されて「感動したふり」してるだろ?
テメェらは井戸端マダムか、ってんだよ、マジで。
人の意見に左右されるのは結構だが、自分の意見のないヤツがバッシングするのは許せねェ。
テメェの物差しも持ってねえ連中にクソ扱いされるほどライトノベルは軽くねェよ。
あれだって確固としたテクストメディアなんだからな。

ごめん、言いすぎた、謝る_| ̄|○

ただ、少なくとも僕の中での「ライトノベル」の印象は、
それほど悲観したものでないのは確かです。
「軽い小説」なんでしょう? そして「マンガ、アニメ的」なんでしょう?
だったらそれでいいじゃない、と。
それってのはつまり、「わかりやすくて面白い」ってことなんですから。
無駄に難しげな言葉で、難しい人間模様を描く必要なんてない。
無駄にハードカバーで、無駄に高い値段にする必要なんてのもない。
もっと手軽でポップなスタイルで、けど何か心に印象づく、そういうものであればいい。
だってその方が楽しいじゃない、と。

そういうの……最近の若い人なら誰よりもわかってるはずなんですけどね。
そういう人方が一番毛嫌いしてるんだから、世の中皮肉な話です。

……あと、↑はあくまで理想論なんで、現実のライトノベルには悲観してます_| ̄|○
「わかり難くて、面白くない」か、
「わかりやす過ぎて、面白くない」ってのがライトノベルなんです……。
理想って、叶わないものですね……(´・ω・`)

ああ、それと友人宛。
「俺そんなこと考えてたんじゃねーよ」系のレスは無駄なので容赦するように。
これ、キミのを元ネタに自分の言いたいこと書いてるだけなんで。
多謝。

01 , 30
だ か ら !

熱いんだってばこのゲームは! あぁもうたまんねえ、たまんねえなあ!
あはははははははははは!!(壊

昨日とあわせて大体半日かけてアヌビスクリアしたんですが、
OPからEDまで、ずーーーーーっとワクワク状態が持続してました。
この演出、この迫力、この展開!
格闘マンガとロボアクションに毒されてる80年代生まれには刺激が強すぎましたですよ、Sir。

しかし凄かった。とにかく凄かった。なんとも凄かった。
何が凄かったかって、そりゃあ。
……。
…………。
………………うーむ(汗

いや、とことんまでベタ褒めしようと試みたんですけどね?
悔しいことに陳腐な批評しか出来なかったから文面削除したんですよorz
だって下手に論考かまそうとすればするほど、自分の言葉の陳腐さが目立っちゃって。
あー、マジ悔しいなあ(´・ω・`

仕方がないので当たり障りのないトコだけ褒めると、
「動けぇぇええええ!!」で冒頭にオービタルフレーム(主人公機)動かして、
「止まれぇぇえええ!!」でラスボス突っ込むのがたまらんです。
こういう熱い展開、大好き!
ハジマリとオワリに韻が踏まれてるのって最高ですね。
ああ、2000円出してよかったよマジで……。

また今度ガチに気合いれて褒めたいと思います。
今日のところは僕の負け_| ̄|○

さて、二周目行くぜ。
動けぇぇぇえええええ!!!!ヽ(`Д´)ノ

01 , 30
やっべえ、アヌビスやっべえ!
何ですかこの高揚感! 最高に滑らかな操作性!
トレーニングモードで機体操作してるだけで、
アドレナリンフルドーピングですよ、ねえ?

これこれ、これなんだよ! 僕がロボットに求める究極美は!
制限のないブースト、360度を残像残しながら駆け巡る高速戦闘、
そしてロボットなのに掴んで投げる! しかもそいつを敵に当てる!
あのスーパーモデル級のスリムバディからは考えられないような豪快さ!
ああ、無駄に!マークつけたい!
ああ! ああ!
とてもじゃないがフロムの出したアレとは比べ物になりませんね!
国崎最高ォォォオオ!

01 , 29
さっき「ANUBIS~Zone of of the Enders~」を買いに行ったついでに、
前々から買おうと思ってた無印JINKIを買ってきました。
2chのジンキスレ見るとやったら評価低く、クソマンガ言われてるんですが、
僕的には昔なつかしのパトレイバーとかその辺を彷彿する良作だと思いました。
や、多分その引き合い出してくると、またボロクソに叩かれるんですけどねorz

残念なことにこの無印JINKI、
作者がGファンタジーからコミックBLADEに移行する際に、
強引に打ち切り決めちゃった悲しい過去を秘めておりまして、
結構説明不足にバンバン話が進んじゃってるポイントがあります。
後半部の作りは乱暴そのものだしなあ。

それからコミックBLADEでの新連載「JINKI:EXTEND」が続編としてスタートし、
話は無印の時間から3年を経てスタートすることになります。
主人公も「津崎青葉」から「柊赤緒」へ。
舞台も「南米ベネズエラ」から「日本」へ。
もう完全に別作品……あぁ、何この萌エロマンガ
パトレイバー系のロボマンガを期待してた人には愕然の新展開でした。

正直、呆れた人は多数いたかも知れない。
かつてのガチなロボマンガが、今ではサクラ大戦もびっくりな展開に。
話の方向性は180度変わってしまったかに思われました。
ですが。
無印という基盤がなくては今の作品は書けなかったし、
今の展開がなかったら、無印が脚光を帯びることさえなかった
わけですよ。
それが偶発的に起きた結果であるのは否めませんが、
結果的にアニメ化されるまでの人気を評することになったのです。
過程はともかく、結果は確か。

じゃあこれはどういうことか?
読者の立場から見るとよくわかります。
かつて無印を読んでた人にとっては、
「あれからどうなったんだよ、おい、青葉は、おい!」
と未来を期待する衝動が出ます。
J:Eから読み始めた人にとっては、
「ワケわかんねー設定とかマジ多いんだけど、何これ、過去の伏線?」
という風に過去を掘り下げて行きたい衝動が出ます。
つまり。
「過去も未来も模索したくなる」
結果的に、そう結果的にそういう作品になってたのです。
まあキャラに注目したりロボに注目したりする人にとっては、
「ンなことどうでもいいし、無駄にエロいし、何だよこのクソマンガ」
という風に見られることも多々ありますが、
敢えて僕はそういう全体骨格を大事にしてやりたいと思います。
だってこんだけのこと、僕にゃ出来ないし

だから何が言いたいかって、その答えはシンプルですよ。

エルニィは俺の嫁。

そんだけ。

01 , 29
二日前に買ったんですよ、AnotherCentury'sEpisode、略してACE。
旧日記でもバシバシ批判かまして「アイヤ、困ったアルー」だったんですが、
昨日2時間ちょい、改めてやってみた結果、
もう手元にないです、はい。

ダメな点はホント色々あるんですが、今一番ダメだと思ったのは
「AnotherCentury'sEpisode」でググって、
1P目に公式サイトが出てこないってことですね
検索項目に「バンプレスト」を追加してもダメです。
「フロムソフトウェア」なんてもっとダメです。
だからって「ACE」でググるともっとひどいです。
「株式会社トライエース」とか出てきます。
ああ、ラジアータ
……競争作品に食われてちゃどうしようもないです、はい。

誤解のないように言っておきますが、
一応、アーマードコアを普通にプレイするくらいの面白さはあります。
少なくとも、ACネクサスの5倍は面白い。
それでも手放したのは僕の満足度を満たしてくれなかったからなわけで。
何が悪いのかシンプルにまとめると、

1.操作の爽快感がない
2.戦闘の高揚感がない
3.手抜き疑惑を覚える箇所がたくさん見つかる

まず無駄に操作が難しいんですよ。
自分の考えてる方向に進んでくれない。
そして敵のいる方向を示すレーダーがすげー見づらい。
こんなんだとエース気分の爽快感どころかイラついてきます。

次に戦闘ですが、プロモーションムービーとか見ると、
搭乗機のパイロットが撃墜ごとに何か言ってくれるように見えますが、
実際ゲームをしてみると愕然とします。
何、この無口系強化人間
自機で動かしてる間は全く喋ってくれません。しかもキャラ絵もありません。
ファ・ユイリィにすらあるのに、エースパイロットには何もないってどういうことですか?
常識を疑います。

手抜き箇所については
「最早語るまい……」Cv.大塚明夫
ってカンジですね。
ああ、フロム、どうしてあなたはフロムなの。

はっきり言えば、このゲームの価値の半分は、OPムービーと島谷ひとみです
あれ見てるだけでアドレナリンは大量噴出ですよ。
でもゲーム開始3分で価値の半分押し出してるんですよね、なんて大胆アピール!



こうして痛烈にバッシングかますのは、過去のフロムがそんだけ凄かったからです。
いや、決して映像は良いとは言えなかったし、モーションもおかしいとこ多々ありました。
でも、面白かったんですよ、そのありえない系のゲームバランスが。
ミサイルの回避勝負だとか、ブレード単騎でゲームクリア可能とか、
そういう「プレイヤーが遊びを作れる自由度」っての、それがあったんです。
今のフロムは変わってしまった。
ロボ的なリアルさを追求して追及して、アホみたいに現実味のあるゲームを作ってしまった。
装備パーツは無駄に増えるし、それを装備しないと戦闘できないし、
ブレード一本では全く通用しないし、軽量装備では即死コース。
全てが全て「リアル」を求める故の条件式として作られてしまいました。
そんなんゲームじゃねえよ、と
僕が敬愛する川上氏の日記(2005/1/16)から言葉をお借りすると、

「何故、このような縮小的不便を強いられなければならないのだろう」
敵が強い=高速で移動したり、弾丸ばらまいたり、一定時間無敵になったり
するのは全く構わないのですが、こちらが制限される=自分がマイナス化
されることで相手が強くなるというのは、プレイヤーと制作者の勝負から
制作者が逃げてるようにも思えたり。
ついでにいうと、操作性が理にかなっていないものも苦手です……。


そういう話です。
ACEは少なからずその宿命を背負ってしまった。
だから、僕は売り払ったんですよ、と。



ちなみに売ったら4800円になりました。
2000円で映画一作見たと思えば、安いものですね!(´▽`)

さて……次はアヌビスでも買ってこよう……。

01 , 28
脱・日記! 今日から俺もブロッガーだ!

ところでブロッガーって名称、
ロックマンのザコキャラっぽいカンジなのは気のせいですかね?
おそらくロックバスター5発くらいで沈みそうなヤツ

大丈夫、そんな地味さが愛くるしいよ、ブロッガー。
嫌いになんてなるもんか(´▽`)

とりあえずCSSテンプレを色々付け替えて遊んでます。
今のところはコレが一番気に入ったかなー。
文字がいっぱい打てる辺りが。

モノは試しとどれだけ打てるか遊んでみる。
うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

こんなに打てる。
やっぱ枠を考えずに書けるくらいがちょうどいいね!

……って、全画面で見ればの話ね。
ブラウザサイズ変えるとばっちり文字ズレ起こしてますた。
畜生、ちょっと遠慮しながら書くよ(´・ω・`

ついでだからフォントをいじって遊んでみる。ほら、テストテスト。

「にゃー」
「あれ……めどいさんじゃないですか」
「にゃー」
「今日はめどくないんですか? いつもは外に出たがらないのに」
「にゃー」
「めどいさん? あ、ちょっと待って下さいよ。めどいさん、めどいさーん!」


うちの近所はめどいさんが多いです。
にゃー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。