FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06 , 30
23歳になってもう一月があっと言う間に過ぎ去ろうとしてるわけで、
なんだか空虚だったなあ、と振り返るほどに肩が下がります。
時間の流れは速いもので、それに歩調を合わせて行かないと、
相対的に自分の時間が短くなったように感じるのかな、と。
一般論を引き出して、
「最近、世の中の流れが速すぎるよね」
とか言いたいのですが、要は主観の問題だよなあ、と。
能動化してるうちは時間と平行して走ってて、受動化すると時間に流されるだけ。
速さの受け取り方というよりは、自分の遅さが問題なわけで。

そんなことを考えてる自分は、やっぱり受動的です。
ディフェンシブー。
いや、単純にオフェンス力が足りないだけの柳沢スタイル。
くそう、負けるのか、負けるしかないのか?
良くも悪くも日本人的な自分にちょっと革命が必要になってきました。

しかし、
◆時の流れを忘れさせる時計
20分くらい軽く時間を奪われてしまいました。
下のネギが卑怯だ。

◆踏歌斉唱
流れはフルメタかと思ったら……ジョルジュ!( ゚∀゚)o彡

◆諸葛亮曰く
待て、これは孔明のわなだ・・・!

◆最低賃金:人は時給608円で生きられるか
お隣の県のお話で、地元の最低賃金で働いてる(´・ω・`)
早く脱却したい、こんな生活。

やはり、革命が必要か。

【 Read More 】
スポンサーサイト
06 , 28
あるいはファイアーエムブレムしたり。
お仕事のない日の過ごし方がサイクル化してきてるなあ、という不安を覚えつつ、
そんでもまあ、向上心があるうちは良いか、というのが自分的結論。
先日、職場で先輩バイトとの会話の中で、
「3時ですよ」
「あ、3時ですねー」
「ははは、Sさん(自分)呑気ですねー、いやあ羨ましい」
という流れがあって、恐らく先輩的には
「この時間だからそろそろ今やってる作業は終わってないとマズくないか」
という意図で喋ってたんだろうなあ、と後になって思い返すものの、
まあいいか、で済ませてしまう自分はやっぱり呑気なんだと思います。

ほんでま、自分内部でハルヒ論が構築されつつあるので、
チラシの裏程度のメモをダラダラと書きたいので書きます。
そのうち何かの役に立てばいいんだけど、きっとゴミ箱にポイしちゃうんだろうなあ。

【 Read More 】
06 , 26
五月半ば辺りから、まるで月を見てないのを思い出す。
はて、どうしたもんだ。
雨降りはそれほどでもないにせよ、そんなに雲かかってただろうか。

ああ。
なるほど。
夜が短くなったもんで、月の昇りも遅いのか。
道理で起きてる時間に見れないはずだ。
そういや最近、夜歩きもしてないしなあ。

などと内面をダラダラ喋り始めるとオチがつけれないので、
うっかり見るハメになってしまった「桜蘭高校ホスト部」の話題でも。
最近噂のもう一人のハルヒのことですね。
えーとだな。

いい。
すごく、いい(87/100)


てっきり801系の路線かと思いきや、
微妙に801系の路線だったわけだけど、
僕の想像の遥か斜め上を伸身ムーンサルト二回転半捻りくらいで飛び越えて、
思わず金メダル取ってしまいそうな勢いです、はい。

世界も巻き込むアッパービート”涼宮ハルヒ”
⇔全くもって人畜無害な天然ニュートラル”藤岡ハルヒ”

涼宮の方が主軸を張ってるので目立っていないんだけれども、
もし憂鬱なハルヒがいなかったとしたら、今期最も注目すべきキャラだったかも。
問題は作品が作品だけに、名前の段階では取っ付きづらいってとこですか。
いいんだけどなあ、とても。
普通に少女マンガを読める方、かつてフルバを読んだことのある方なら、
間違いなくこの展開は愛してくれると思いたい、というか愛せ。

しかしあえて、
◆ちゅるやさんマンガ第三話
最近、このお方がブレイクしすぎて困りましたにょろよ。

06 , 23
近所のイオンに七夕飾りが飾ってて、色々とユカイな短冊が吊るされてました。

「すーぱーまりおがかえますように」
まずは触り。
これは昔、僕も書いた覚えがあります。
あの時はなんだっけな……ドラクエか何かだった気がします。

「無事、仕事がやめられますように」
「早く仕事が見つかりますように」

やめたくてもやめられない人と、
やりたくてもやれない人と、どっちも切実風味。
日本は一体どうなってやがりますか。

「○○(息子)に優しくて、嘘をつかない、いいお父さんが見つかりますように」
さらに切実。
なまじ「いい彼氏が」って流れじゃないのが泣ける。

「私の病気が早く治りますように……」
達筆なカンジだったので、恐らくご年配の方かと……。
この願いは叶えてやって欲しいと思います。

「No.1ホストになれますように」
お前は何を言ってるんだ。

「kうplmfhwygyklrkkつyp;」
すみません、本当に何言ってるのかわかりません。
星に届くように宇宙言語で書いてるのでしょうか……?
恐らく幼児に無理やりシャーペン握らせたんだとは思いますが。



ちなみに僕の願いは、
「迷いなく、自身の道を走り抜けますよう」
という願いなのか決心なのかよくわからない程度のもの。
まあ願いですかね。
よく決心が揺らぐ半端者なので、しっかりやっていきたいものです。

06 , 21
きっかけというのは僕の思ってる以上にいい加減なものかも知れんなあ。

なんてことを考えつつWord様と向き合ってます。
ぎぎぎ、タイプが進まない。
一行ひねり出しては三行消え、一ページ書くと章ごと消え。
思惑どおりのイメージに仕上がらない無力っぷりに、
思わずクラウザーさん分を注入したくなりますが、
DMCを知らない人には100%誤解を受けそうなのでセルフ・コントロール。

何はともかく「涼宮ハルヒの詰合」が今日発売なのをすっかり忘れてた。
買わねば、買わねば!

しかしオリコンさんや。
>冒険してユカイな気分になったら今度は詰合で大満足だ!
そのキャッチコピーは官能的すぎやしませんか。

06 , 19
「お前ら相手に一軍なんて出すはずがないだろう?
 せいぜい二軍の練習相手になってくれよ、ハハハハハ!」


こういう展開の時ほど日本の選手(マンガの中の人)は大勝利を収めたりします。
しかも偶然が重なって、1%の確率とまで言われた奇跡が”必然的に”起きたりします。
これは……もしかするんじゃね?

と淡い期待を寄せるのはいいのですが、
前試合で宮本さんに出場停止とか、払う犠牲が大きすぎる。
お互いベストメンバーで臨めない(臨まない)という不毛な状況で、
果たして奇跡は起こせるのか……ッ!

まあ。
|ω・)ノ「起こらないから奇跡って言うんですよ」
と懐かしいフレーズを置いておきますね。

ちなみに柳沢には触れません。あえて触れません。

◆涼宮ハルヒの消費期限
確かにエヴァやナデシコのようなロングヒットは異様だったけども、
その時代はまだネット普及期以前のことで、しかもアニメが原版。
テクスト分野での比較対象として正しいのは月姫やマリみて、ひぐらしかなと考える。
そうなると、マリみてで一年、ひぐらしで二年、月姫で同じく二年。
この根底を支えてるのは同人活動であり、掲示板でのガイドライン形成である。
同時に、掲示板でのファン活動が厨認定を受けてマイナス印象を得る場合も大きい。

これの足し算と引き算が行われて、プラスになってるうちは消費期限が維持できる。
逆に「厨ウザス(´A`)」の煽りに乗じて、偽厨活動が活発化するような状態になれば、
消費期限はそこでストップすると考えていい。

いずれにせよ最低一年は持つものと僕は想定する。
二期の投入がいつになるかはわからないものの、冬コミ前までに来るのなら二年は戦える。
少なくとも。
今年の夏はハルヒが染める。コミケを染める。

◆ちゅるやさんマンガ
にょろーん(・ω・`*)の可愛さは異常。

06 , 17
記事も半分くらい書き終えて、団扇を取ろうと手を伸ばした瞬間に発生する、
「アッー!Σ(・ω・`;)」
な出来事、F5グランプリ。
まさか、まさかのクラッシュアウトーーーーーーッ!!
と思わず古館伊知朗のナレーションが聞こえてきそうな衝撃です。

ゎー、書く気失せちゃうヨー。

とか言いつつ、ほとんど書くことないんだけどサ。

◆エンコードされる属性
>で、彼女達は自分達もメガネをかければモテるのでは?とかいう話をしていました。
バ・カジャ・ネーノ?
お前ら、メガネかける前から何かが曇ってるぜ。
確かに外見的萌え要素は重要だが、
それ以上に内面的繊細美、節度ある良識はもっと重y(長いので割愛

◆RPGでもっとも不幸で悲惨な町、村、城は?
音楽で言えばアッテムトは譲れないのだけど……
やっぱDQ6の牢獄の町は悲惨すぎる。

◆ヴァルキリープロファイル2のシステム総まとめ!
うーん、買おうかなぁ、買おうかなぁ。
遊び始めるとケジメをつけるまでやめれない性格なのであえて止めておきたい、今は。
VP1でさえ100時間以上拘束されたからなあ……w

◆キョンの名言集
先週の予告「ボンバー!」もリストに加わるべきですね。
京アニさんはホンット芸達者やでえ。


06 , 13
それほどヒドイとは思っていなかったんだけど、それ以上にひどかったので大絶賛<挨拶

うっかり-GUN道-を見る機会に遭遇してしまい、
そのまま勢いでGyaOで放送中の5話をダラダラ見てしまいました。
こ れ は ヤ バ イ。
ほんで、YouTubeでMADを漁り、面白そうなものをここでピックアップ。

◆GUN道基本編:賢者の舞
ガッダイ! テッジョウ!

◆うおっ、まぶしもの(うたわれ+GUN道)
最初の2秒が全てを語った。

◆MABSHIX(ヤンマーニ+GUN道)
すげえ! あのMUSASHIがヤンマーニ効果でマジカッコ良く!

◆ハレ晴レマブシ(ハルヒ+GUN道)
SOS弾をくらえ!

という具合。
時代を革命するGUN道の男らしさに吼えろ、吼えまくれ!

【 Read More 】
06 , 13
問題は調子に乗りすぎた川口や、攻めきれない柳沢じゃなくて、
手の内バレバレのジーコ采配だったと思うんだ。
 <挨拶

なんか、予定通りに負けましたね。
というかこの流れ、アジア予選の時と全く変わってないですし。
前半リードから後半に繋げるかと思いきや、
全く得点に繋がらずに焦るサムライと、果敢に攻める敵チーム。
前々からこういうパターンで負けるってわかっているのに、
その流れを変えれないままズルズル負けてるのは、間違いなくジーコに責任があるかと。
有効な陣形変化を出来ずに、その場しのぎ的選手交代ばっかりでは、
そりゃあヒディンクに読み負けるのは当然ジャマイカ。

もちろん選手にも問題がありました。
今回、唯一の得点は中村俊輔のパス(非シュート)での得点のみ。
いわゆるラッキーストライク。
FWからの得点チャンスなんてほとんどなく、いいとこミドルシュートで狙う程度。
あれ、連携プレイってなんだろ。だろ?

こうなる要因としては、やはり最終ラインの連携の悪さにあります。
特に際立ったのがコーナーから全く繋げない点。
いいアシストがあっても、FWがいい位置に入り込めていないとか、
そもそもにボールがペナルティエリアに入ってくれないとか。
素人目に見ても、ゴールエリア外の連携の妙に比べて、
ゴールエリア内の繋ぎの悪さは際立って目立ちました。
明らかに最終ラインでのFWのポジショニングの甘さが問題じゃないでしょうか。

ディフェンスはそれほど問題じゃない、というか、
むしろ絶賛レベルの働きぶりだったと思います。
ただ。
ディフェンスがいい働きぶりをしてるってことは、
オフェンスがまるで出来てない、ってことの証明なんですよナ。
前線でボール維持出来てる時間が少ないから、
ディフェンスが好プレーを連発させなきゃいけなくなる。
シュート数で見てもそれは明らかで、豪州の方が日本の三倍近くシュートしてるのです。
それが最終的に点数としても出てるじゃないですか。3-1と。
ヘタな鉄砲(略)、とは言いませんけど、
もっと積極的に攻めていかないと、この先もどうにもならんですよ。

さて……決勝リーグは半ば絶望的な日本代表ですけども、
最悪、今回問題となったプレーを次の試合で改善できるように期待したいです。
次は大黒さまがスタメンだったりしないかなあ。
今回、ロスタイム出場とか、もうね(´・ω・`)

そんなカンジで絶望するな日本国民ども。
ファイト、おー、なのです。

06 , 12
別段、大したことをしているわけでもないのですが、
少なくともその方法に打ち込んでるとき、自分は「生きてるなあ」と感じます。
それ以外ン時?
目が死んでるらしいですよ。

とかく、人それぞれ、生きがいとか言うものが必ずどっかにあるらしい。
自分にとってはそれが妄想ごっこであって、言葉遊びであって、
変な空想科学発明であって、戯言トークなのだろうと思います。
傍から見たらバカですね。
身内から見てもバカです、すいません。

つまり、バカであることが僕にとっての「らしさ」。
本気でバカであることが、自分が認める本気の自分の姿。
他人が認めてくれるかどうかはイマイチわかりませんけどね。

だから、
「自分がどこまでバカになれるのか、一生に一度試してみよう」
というのが今年23歳になった自分への抱負。
うわー、いいトシだなあ、自分。
とか言うと僕よりも先進してる方々から怒られるので控えておきます。
うん、自分まだまだ若いはず。
脳年齢とか肉体年齢が随分フケこんできたそうですけど。

そんなカンジで今月中が一つ勝負だなあ。
やれるだけちょっと力を試してみようと思います、サー。

06 , 06
「いいかい、少年。
 君がどんな道に進もうとおじさんは怒鳴ったり叱ったりするつもりはない。
 ただ、もし君が進みたい道を一つ選んだのなら、決して振り返ってはいけないよ。
 他の誰から何と言われようとも、この道で生きると決めたのなら、
 どんな優しい言葉だろうと、どんな冷たい非難だろうと、どんな哀れな涙だろうと、
 決してそれらに心を奪われてはいけない。
 もしそういうものに心を奪われて、一度でも他の道に進もうとしたのなら、
 君は二度とその道の先にたどり着くことはできないだろうさ」

【 Read More 】
06 , 04
失敗する可能性が大きい、という物事に挑戦する決意をしました。
それは成功しても失敗率が高くて、失敗した方が世のため人のためっぽいのですが、
うーん、なんだろうなあ。
これしか生き方知らんので、これ一本を極めたい、というのが本音。

というかアレか。
何の道だろうと失敗する率は大して変わらないんだけども、
そのパーセンテージを上げ下げするのは結局のところ、自分の意思に他ならんよな、と。
目的達成に向けた熱意×努力の総数+基礎能力+才能=結果(成功 or 失敗)
と考えると、
そもそもに熱意も起こらない方向性にベクトル向けたとこで確率上がるわけもない、と。
ああ、なんか自分を都合よくだましてる気がするんだけど、
それはそれで自分らしくて久しぶりにステキな気がします。


あ、ちなみに先日、職業適性を調べたらなかなかふざけた結果が出てきてて、

「現実的分野(ものを扱う)」 → 1
「研究的分野(研究・開発)」 → 3
「芸術的分野(創造的活動)」 → 5
「社会的分野(人と接する)」 → 5
「企業的分野(企画・管理)」 → 2
「慣習的分野(事務処理的)」 → 5

いかに自分が現実世界に不適合なのかよくわかりました。
ハロワの職業カウンセラーでさえ、
「うーん……あなたのような人だと、そうですねえ……
 広告代理店などの仕事が向いていると思いますよ」
それが地元にあったら苦労しないんだ、オッサン……orz

余談ですが、↑のデータを元に割り出した適合する職業。

文芸作家、脚本家、劇作家、絵本作家、コピーライター。

これまでずっと夢見てて、しかも
「アンタに出来るの? もっと普通の生き方したら?」
と親、恋人に言い諭されてきたそういう世界が一番自分に向いてるという。
そりゃそうだ。
四年もそういうとこにいれば人間そういう向きにしか生きられないとも。
胸を張って言おう。
「俺、魔術師になりたいんだ」

なんだろ、こういうときほど閃ちゃんと話がしたいんだよなあ。
気が向いたらコメ欄に何か残してくれてると嬉しいです、ハイ。

思うに。
体は剣で出来ている。
不器用だよなあ。すごく、痛いほどに。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。