FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03 , 27
マイリスト公開ー。
見れたら「ゴッドマーン」って呼べ。
神男の面白さは異常。

http://www.nicovideo.jp/mylist/217905/78042

スポンサーサイト
03 , 24
・槙原敬之「証拠出せ」 松本零士訴える痛いニュース

>問題の歌詞は「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」。松本氏は「銀河鉄道-」の「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」のセリフを盗作したとマスコミに対して主張した。
「ここ10年、私の講演テーマとして何度も若者に語りかけた言葉」として、槙原がセリフを知らないはずがないとした。


前の騒動の時に書き逃したから今書くけど、
松本零士も随分老害になったもんだな、と嘆いてみたい。
マンガそのもののアイデアや構成をそのまま流用しているものならともかく、
こんな陳腐なセリフ一つに著作権を訴えるこの爺さんはもうダメだ。
ホモ作曲者がもしこれ、曲イメージから何から、
全編通して999からモチーフ出してんなら仕方ねーかもしれないけど、
ワンフレーズにどれほどの価値見出してるんですか、この爺は。

そもそも999って、宮沢賢治の(ry
……笑っていいかい?(^o^)

【 Read More 】
03 , 22
・「mixi読み逃げ」の真相は120%自作自演だよ

そんな餌にこのオレ様が(ry

……(´・ω・`)




でも、いいよ。
たとえ釣られたとしても、こういう事例は0ではないのだから。
mixiについての読み逃げは釣りなのかもしれない。
けどその心理については外れてないと信じたい。
だっているべさ、こういう人。
なので敗北宣言出さずに
「釣られました、でもそれがいい」
ってなカンジで残しておく。クマ! クマ! クマ!

03 , 21
・「mixi読み逃げ」ってダメなの?

この記事読んで思うのは、
「要は初心者の登竜門だよな」
ってこと。
初めてHP持った時、ウェブで日記書き始めた時なんかにはよく見られる症状。
コメントないと「もしかして無視されてる?」とか、
コメント過多だと「うはwwwww自分スゴスwwwww」とか、
アホの子のように自意識過剰になる傾向がある。
実際、自分もそういう心境に陥ったことがあるからなんともだけど、
少なからずウェブ日記なんてもんはフリーペーパー級の扱いでいいと思うんだけどね。
面白ければ反応すりゃいいし、面白くなきゃ気にしない。
コンビニでフリーペーパー持ってく時に店員に一声掛ける人いるのか?
駅員に尋ねるか? それとも会社にお問い合わせか?
「読みましたー^^」
ないない。それはない。


【 Read More 】
03 , 15
ようつべで一昔前に流行ったっぽい「リリカルなのは」とやらを見た。
どうやら最新の魔法少女とやらは、

1.超科学異世界の古代遺産(?)を武器として戦う
2.燃料は精神力
3.魔法とは武器(杖のコアクリスタル)にプログラムされた術式である
4.武器の形状、戦闘服の形状などは使用者のイメージを具現化する

らしい。
杖が「Stand by.ready...」とか言い出したのにはちとビビった。
おい、これはメカではないですか。しかも偉いメカくせえ。
あと、このテの魔法少女系は大体、
社会的被害が出ても「なんかあった」で済むんだけど、
電信柱が民家に倒れこんでも「なんかあった」で済むあたり、
脅威の魔法少女パワーとは実に恐ろしいものだと気付く。
情報通信時代のリリカルマジカルって、何よりそれがミラクルだ。

あと、小学生設定も随分進歩したんだなあと痛感。
やっぱ、塾通うのは基本なのだなあ。
携帯文化に染まってるのも基本なのだなあ。
よくよく考えると恐ろしい。ジェネレーションギャップに苦しみそう。
自分、塾とかマジで知らん世界だからなあ。

何はともあれ土台は少しずつ出来上がりつつ。
屋台骨を即急に組み上げて――徹夜かー?
なんというか文化祭前的な空気を一人で絶賛体感中。

03 , 04
一体全体、何を今まで悩んでたんだろうなあ、ってくらいに筆が進む。
これまで持ってた設定とか背景とか全部リセットして、
今思いついたものをドバドバやってみたらこれがすごく気に入った。
リアリティ? なんだそれ。
カッコイイこと、面白いことに集約すると、
そこに残るのは「パターニングされた殻」でしかないんだけど、
今、自分らが見て面白いと思うのはそういう固定化された枠であって、
奇をてらって引き伸ばした厨二設定とか、物凄く壮大な世界観だとかではない。
出来るかぎりを虚構化して、モザイクかけて、
ほんでもってファジィいれつつ三分まってチンする。

絵とか描く場合にもそうであるように、
線の数が増えれば増えるだけ綿密で硬い現実描写になる。
あえて線を減らしてデフォルメ化した方が「ライト」なのは間違いなくて、
そういうものを自分は書きたいのだからそうすればいい。
悩む必要なかったなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。