FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


05 , 31
際限なく堕ちているな、と自覚する反面で、
確かに心のどうしようもなく弱く、折れそうな部分が癒されている自覚がある。
一週間ほど前まで抱えていた爆弾めいた感情の吹き溜まりは薄れ、
ようやく、自分を自分として見つめなおせるだけの客観性を取り戻した。
誰かのものであった「僕」はどこかで死に、
誰のものでもない、ただ流れるようなMizがまた、そこにある。
次はどう流れようか。
彼岸に生き、あてもなく彷徨うようなふざけた人生だけれども、
せめて誰かを好きであった頃の記憶は、永遠に忘れない。
あの頃の自分を、確かに僕は誇りに思っているだろうから。

そんなことを対岸で考える。
それをきっと、人は追想というのだろう。

スポンサーサイト
05 , 24
もしかすると、それは呪いというのかも知れない。
本当ならもうとっくに回復していなければいけないはずなのに、
というか回復するべく色々と試してみたというのに、
それが全く効果をなさないというか、回復してもすぐ元に戻るというか、
イメージ的にはもはやガンに近い状態だと思う。メンタル的ガン。
対症療法では全く効果がなくて、
原因となる部分をピンポイントで切除しないと意味がない。
でもそれってーのが自分の根幹というか「らしさ」に直結する部分なわけで、
それを切除するってことはもうなんというか、自分、終わった?

あーいかん、色々と混乱してる。
もっと考えなきゃいけないことは他にあるはずなのに、
そういう意味のない問答ばかりを脳が求めてる。
もしも記憶をそのままそっくり切り取れるツールがあるならぜひ紹介して欲しい。
病巣は間違いなくそこにあるはずだから。





05 , 22
久しぶりにMMOにハマってみんとす。
ダメ人間度が重力加速度+ブースター加速度を伴って上昇してる気がする。
人間は皆、進化するのが生業のはずだけれども、
三年前くらいまで一気に退化している自分は果たして人間だろうか。
こう、クラスチェンジと言えば聞こえはいいものの、
要はドラクエで言うところの「てんしょく」で、
魔法使いから遊び人になるようなものだろうか。

「悟りの書使えるヤツは世の中に限られてるからよォ。
 俺みてぇな凡人は遊び人極めて、極めついて賢者になるっきゃねーだろ?」


どういう理屈だ。
恐らく賢者の20になる頃には回りは戦士35くらいで、
いやいや、それでもまだ余りあるので他は魔法使い40くらいだな。
間違いなく遊び人になったら町から出ないし。
モンスター? 何ソレ。僕の相手は自分の煩悩です。
でも煩悩と戦うのって僧侶か?
どうでもいいけど、ドラクエで言う僧侶って神官くさいんだけど。
彼らは神を崇めてるのか仏を崇めてるのかハッキリしてください。

とりあえずはラテールが面白い。
普通に2Dアクションとして楽しめる上に、MMOとしてのバランスもいい。
要はメイプルストーリーと同系列なんだろうけど、
自分的にはこっちのデザインのがとっつきやすかった。
やっぱりキャラは可愛い方がいいのでありんす。

一ヶ月持てばいいかなー、ってなカンジ。
さすがにそこから先は真人間街道から完全に外れそうで怖い。
もう真人間街道が遠い気もしないでもないけど。

05 , 15
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/15/news097.html
モロに食らった。
メシ食ってから三時間繋がらねー、繋がらねーって悶えて、
モデムと格闘したりPCのウィルスチェックしたり、
ひたすら足掻いてニュースみたらこんなんなってやがんの。
うわー、なんぞそれー。

おかげでバイト明けの身をハッピーにしようという気概が失せ、
なんだかよくわからない復旧作業で一日の終わりを過ごしてしまった。
ぬあー、ファッキンNTT! 金返せ、チクショー!

そういう時のBGMは和み系であります。

今でもスピッツは好きになるのであります。
何度でも、何度でも好きになるのであります。

05 , 14
朝イチで図書館に通う生活モードに入ってみた。
一日一冊。夕方にもう一冊というのもアリかも知れない。
やはり静かな場所はとてもいい。
余計なことを考えずにひたすらに文字を頭に叩き込める。
あまりに滑らかに思考バイパスが繋がるので、
やっぱりこの快感は大事にしなければ、と思う。

今日のお供は村上春樹。明日は龍にでもしようか。
よさげなものをとりあえず引用して自戒としてみる。

村上春樹著/レキシントンの幽霊『七番目の男」末文より引用

「私は考えるのですが、この私達の人生で真実怖いのは、恐怖そのものではありません」、男は少しあとでそう言った。「恐怖は確かにあります。……それは様々なかたちをとって現れ、ときとして私達の存在を圧倒します。しかしなによりも怖いのは、その恐怖に背中を向けて、目を閉じてしまうことです。そうすることによって、私達は自分の中にあるいちばん重要なものを、何かに譲り渡してしまうことになります。私の場合には――それは波でした」

じゃあ自分の場合は涙と熱意だろうか。
どうでもいいけれど、「いんよう」と打ち込んで一発目が陰陽なのは、
やっぱりピコ麿の罠なのだろうか。ああ、許せねえ。

そういうわけでBGMは「レッツゴー!陰陽師」

しかし図書館でお腹をグーグー鳴らすのはどうだろう自分。
真の読書好きは本を食うらしいけれども、
自分は本に食欲沸くような回路持ってないぞ?
それともどっか壊れたか。グー。

05 , 13
やはり、どこかで涙を失くしてしまったらしい。
そして心のかまどに焚きつける薪も、炭も、火打石も。
幸い、日当たりだけはいい部屋だ。
夏は風通しもいいし、きっと風鈴の音がキレイに鳴るに違いない。
秋口まではそれほど寒くもないだろう。
きっとまあ、上手く行く。
夜露と夜風を凌げるだけの部屋には住んでいるのだから。

しかし、おかしな話だ。
まだ初夏だというのに、もう木枯らしの心配をしている。
外を暴れまわっている轟々という風のせいだろうか。
らしくないな、と思い至る。
きっと九月か十月が先回りしてきているに違いない。
最近は季節ってのは戻ったり進んだりするものらしいから。

時計もカレンダーも随分とアテにならなくなった。
ニュースも天気予報も、それと自分の直感も。
信じていいもの、ってなんだったろうかと考え、
自分にはそれがないんじゃないか、と心配になる。
強いて言えば手持ちのお金というのは信頼に足るものだが、
容易に裏切ってくれたりもするから50/50だ。

そういえば今朝の新聞にも大気汚染がナントカ書いてた。
大気中の二酸化炭素の放出量が増えているというけれど、
もしかするとそれは人の吐き出す溜息の量に比例するのかも知れない。
ナンセンスな考えだと一笑するが、安易に否定も出来ない。
なんとなく、空の灰色は人の溜息で出来ているような気がするのだ。

とすれば僕も環境汚染の原因ということになる。
少しは吐き出す溜息の数を減らさなくてはならない。
京都議定書ではどういう基準で抑えろというんだろうか。
一週間に一回程度だろうか? それとも一ヶ月に一回?
いずれにしてもそんなに吐いていいもんではなさそうだ。

せっかくのいい機会だから、水没したこの城も浮上させておこう。
今更、水底で考えることもないだろうから。
丁寧口調にも飽き飽きしていたところだし、偽善者ぶるのももう疲れた。
もう一度、空を目指そう。
果てがイカロスのように落ちるものだとしても、
再び水底に沈んでしまうものだとしても構わない。
自分の名を、もう一度問い直そう。
雲の如く行き、水の如く流るるものとなれるよう。
器の外へ、もう一度。

そんな自分に相応しいBGMは間違えようもない。
SoundHorizonで、「         」

射ち落とされたことは当然の痛みとして自覚するのだが、
二月に貸した一万円は結局返って来ないんだろうか。
色々と非難の為所はあるのだが、借金踏み倒しは人間としてどうだろう。
ぜひとも美味しいランチと子洒落たスイーツでお返し願いたいものだ。

05 , 12
困りました。
何も書けないのです。
というか何を書いても、何を読んでも、何をしても面白くない。
「渇望」というのが人を動かすためのファクターなのだとすれば、
「充足」というのは人を止めてしまうファクターなのでしょうか。
悪い意味の自己満足に浸ってしまっているようで、
素晴らしくそんな自分が嫌いです。

ちょっと前までは発想、想起まではしっかり行えて、
かろうじて構築まで出来ていたはずなのに、
今では発想に至ることさえ出来なくなっています。
「ああ、これ面白そう」
「これ、やってみたいなあ」

そういう好奇心のことごとくが、生まれる前に消え去っていて、
なんだか自分というパーソナルがなくなっている錯覚を覚えます。

正直、自分でもわからないのですが、好奇心を覚えることさえ怖いんです。
何だか自分で自分に制約(ギアス)を課しているようで、
全て自分のことなのに意味のわからない不自由さを感じるのです。
何をしてもいいはずなのに、何一つ許されないという矛盾。
そういう意味不明な葛藤を無意識の中で日々続けているみたいで、
自分は一体、何をしているんだ、と自問するばかりです。
なんというか。
一度、頭の中を真っ白にリセットしてみたくなります。
バグって同じエラーを吐き続ける灰色脳味噌よりは、
赤ん坊の野生じみた本能適正の方がよっぽどマシかと。
悪い大人の見本のようで、やっぱり自己嫌悪に入りたくなるわけです。

仕方がないBGMは、
今日もSoundHorizonで「朝と夜の物語(ロマン)」で行きます。

そろそろこんな無間地獄からも抜け出さないと行けません。
水没した世界から。

05 , 11
痛いニュースより
「匿名男性、荒地を時価総額二十億円の植物園に変えて寄付」

どんな経緯があり、どんな裏事情があったとしても、
これは間違いなく賞賛すべきお話だと思うのです。
美談として語ればニュースは幾らでも語ることが出来ますが、
そこに名前だとか顔だとか持ってしまうと、偽善者として非難されるもの。
ある意味、今の時代の風潮にもっとも適合した善行だと思います。
コメント欄の37がとてもいいこと書いてましたので抜粋しましょう。

「善>>>>>>>>>>偽善>>>>>>>>>>何もしない」

たとえ偽善だとか、私利私欲だとか罵られたとしても、
与えるだけの能がある人は十分に立派だと思います。
できるならそういう能を、与えられるだけの小財を身に着けたいものです。

一方で、慈善に手を貸さない人を心が狭い、とは僕は思いません。
ただ現実的なだけなのです。シビアに前を向いているだけなのです。
その処世術は見習うべきであり、その賢明さは学ぶべきものでしょう。
実際、僕自身、理想では偽善者を気取れたとしても、
現実には気取っていられるほどの余裕は一切ありません。
せめて心持だけは寛大であろうと思うのですが、
やはり本当の余裕というのは財源や資質を手にした人の持つもの。
せめて今は格好と理念だけはしっかりしておこうと思うばかりです。

そんなカンジで今日のBGMは、
SoundHorizonの「美しきもの」などどうでしょう。

その場所が誰かにとって忘れえぬものになるといいですね。

05 , 08
我が家もようやく光回線を導入しました。
やはり速い。これまでのタイムラグがウソのようです。
以前の最高速が330kbpsだったのですが、
いきなり1Mbpsを超えて行かれる光回線様はやはり偉大だと思いました。

ただ、光がいくら速かろうとも、僕自身の速度が遅ければ意味がありません。
相対的に情報の授受がスピードを得られるようになったとしても、
僕の思考が固まっていたり、踏み止まっていたりするようでは、
どれだけいいマシン環境を整えたところで宝の持ち腐れというものです。
せめてそのスピードに置いていかれないよう、
自分の頭の時計をちょっとでも早くまわして行きたいものです。
呆然のうちに通り過ぎてしまわぬように。

05 , 07
目当てがyoutubeで見つからないのはやはり画質なのでしょう。
確かにこのクオリティを低画質で見たいとは思わない……。
まあ、youtubeがないなら他を探せばいいというだけで。
動画サイトも一年のうちに超進化をしたものです。

ハルヒMAD 帰らぬ日々よ

?MAD???????
Uploaded by dotcher


ハルヒMAD ただ…逢いたくて


ファンタジー抜きの「涼宮ハルヒの消失」。
ハルヒを消失する話であり、ハルヒにとっての消失であり、
その両面とも描こうとした作者はきっと神だと思います。
ああ、胸が痛い。

05 , 07
人類月に立つ歴史、信じない人約二割に

痛いニュース
「人類は月に行ったことがないと思う人が2割『なぜ二回目がないのか?』」

関連:アポロ陰謀説

 何を信じて、何を信じないか。
 それは人それぞれだと思うけれど、
 僕は安直な否定論や率直な事実を信じるくらいなら、
 愚直な幻想を信じてやりたいと、そう思う。

『人類は月に行った。
 そして偉大な一歩を残してきた。
 けれど今、人類は二歩下がろうとしている』


 こんなネガティブな反科学ブームなんていらないんですよ。
 むしろ月には王国があったり、ウサギが餅をついてたり、
 そんなおバカな方が幸せだったかも知れません。
 たとえ、人類が月に到達し、その足跡を残した今であっても、
 僕はそうあってほしいというロマンを捨て去るつもりがありません。

 そういえば鵬先生のブログを久しぶりに覗いたら、
「知る事で知らない事が増える」
 と書いてました。正にこの件に打ってつけなのでお借りします。

 そんなところで今日のBGMはこれでしょうか。

 水銀燈バージョンが素晴らしすぎるのです。

05 , 04
気の向くままに、散り際の桜を見るため、また弘前へ。
僕の行動理念は水のようで、自分でも掴みどころがなく困っております。
何せ本当に唐突。

<スタート PM1:00>
 昼はたまにパン食べよう、カレーパン
→あ、やべ、ガソリンねえや、残り5リッター
→そういや高騰してて弘前のが安いよな、
 ここがレギュラー138円なのにあっち最安128円って何だこの格差社会
→せっかく弘前来たし、ついでに桜を見てこよう
→桜吹雪すげー!
<帰宅 PM6:10>

支度も何もせず、サイフの中身もギリギリで出掛け、
それでも何かを得ようと模索する辺り、案外自分は旅に向いているのかも。
もっとも、こんな行き当たりばったりに同行する人も早々いないでしょうが。
せいぜいうちの兄上くらいでしょう、こんなバカを許容するのは。

何はともあれ桜吹雪は素晴らしかった。
壮大に咲き誇る桜並木も良かったのですが、
やはり桜の見所は散ることの風情にあると感じます。
昨日は風が強すぎましたが、桜吹雪には相応しい光景でした。
次々と枝を離れ、散っていく花弁の群れは、
正しく”舞い散る”という言葉がしっくり来るものです。
多くの花がその花弁を”落とす”のに対し、桜は散る時までも優雅なのです。

話は逸れますが、桜は日本人の心を映しているとよく言われるものの、
映しているのは日本人の理想に過ぎないと僕は思います。
かつては桜であった日本人も、今では鉢植えのランに近いものです。
人の手が加わって種類だけは豊富になりながら、
その実、見ごたえがあるかと言えばそうでもない。
その強い匂いの自己主張だけが印象的で、花の記憶はそんなにない……。
そういうのが今の日本人的ではないでしょうか。

まあ、BGMは「俺の屍を越えてゆけ」より、「花」でひとつ。


05 , 03
に久しぶりに火が点りました。
サークル-NRF-の新作「大番長~BigBangBeat」が面白すぎます。
もうカプコンもSNKもギルギアのサミーも死んだなあ、と思っていた昨今、
2D格闘はメルブラだけが生きてるっぽかったのですが、
その次を担うのはやはり同人サークルになりそうです。

本日、体験版一号が配布されたばかりなのですが、
この動きのよさ、システムのよさ、バランスのよさは半端なさすぎます。
かつての最高バランスがギルギアXX#Relodedだったわけですが、
恐らくこれはそれを上回る超バランスを保っていると思われます。
(初期設定の状態だと即死コンボ、無限ハメなどがやりやすい危険はあるが、
 オプションでPゲージとBゲージの設定を下げると容易に適正化する。
 玄人さんはレベル本気&ゲージ最低でプレイするのをオススメする)

プログラム的な重さも全くなく、
最近のオンラインゲームがかろうじて動く程度のマシンなら余裕で動きます。
同人ゲームにおいては、動作環境が最大にして最難の問題なのですが、
それをあっさりクリアしている辺り、サークルNRF、あなどれません。

何はともあれ、一度体験版をプレイすることをオススメします。
体験版だけでもかなり遊べると思うので。

05 , 01
ニコニコにあったものをyoutubeで発見するとなぜか載せたくなる法則。

「ハレ晴レユカイ ハルヒ×キョン風味」

「あたしコーラァ!」「うるさい!」
キョンデレっていい言葉だと思います。
ハルヒが酔っ払いすぎ。結婚式の三次会タグが的確すぎる。

ここ最近の癒しです。

05 , 01
ようやくこちらでも桜が満開になりました。
やはり桜はいい。
昨日は満月で、風雅を味わうには最高の一晩でした。
そして、今日も今日とて弘前公園に家族と花見へ。
見事満開。日本随一と言える桜の名所は素晴らしいものです。
しかし、やはり物足りない。
以前には感動を共にする相手が傍にいたので、
僕の見上げる桜はやはり、どうしたものか、空しいのです。
五月病でしょうか。
まあ、慢性的に五月病なんですけどね。

そろそろ水没から抜け出したいところですが、
まだ決め手になるものがありません。
打倒するべきは未練なのか、我慢なのか、それとも無念なのか。
いずれにしても僕はどうにかしなくてはいけないわけで、
今はもう少し、暗い水底から明るい世界を眺めようと思います。

【 Read More 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。