FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07 , 31
ああ、自分、歌うの好きなんだわ、と。
恐らく、ゲームしてるよりよっぽど好き。
どうしてそんなことに早く気付かなかったのか。
悲しいほどに盲目だった自分を悔やむ。

・エアーマンが倒せない Full版
http://neko-loader.net/up/src/neko33256.mp3.html

著作権はてつくずおきばのせらさんにあr(ry
まあ、一応文言だけは。
パスは例によって「aqua」な。

編集ソフトの使い方がようやくわかってきたらしく、
録音時の音ズレもちょっと修正できた。
ホンキで録音したかったら2番歌いなおせばいいんだけど、
音いじりのほうが楽しかったのですっかり忘れていた。
まあ、いい。あくまで練習用なのでキニシナイ。

どうも一日一曲くらいしか歌えないらしい。
時間のなさがマジで苦しい。
せめてもう2時間あれば追加でもう一曲歌えるんだけど、
夜間に歌うのはホント騒音になりかねないので控える。
悲しいけれど(´・ω・)

今日も腹筋、明日も腹筋。
肺活量のなさをなんとか補わなければいけない。
すぐにイカれるポンコツボイスなので、補正は実に大事。
腹に力を、心にビートを。
そして喉に軽やかな旋律を。
がんばれ自分、意味はないけど元気だぜ。



追記。
せっかくだからyouも遅延とエフェクトの修正をさらにかけた。
テンポ遅れは聞いててイライラするので、やや戻し気味に。
それでもまだ微妙にズレてる気がする。ううむ。
http://neko-loader.net/up/src/neko33260.mp3.html

で、追加したエフェクト効果で声質がちょっとクリアに。
なったような気がする。気がする……気がする(´・ω・`)
気がしろ(命令形

スポンサーサイト
07 , 31
一日のうち、仕事から帰ってきて、メシ食ってからの2時間程度。
それが僕が歌を練習するための時間だ。
ハッキリ言って物足りない。出来るならもっと歌いたいし、声出したい。
けど、ご近所への騒音もあるし、家族への配慮もある。
色々考えるとこの2時間が限界点。悩む。

でも、それ以外の時間を何に使えばいいか、ちょっとわかってきた。
マイク買ってから色々録って遊んできたけど、
録ったままのいわゆる未加工状態で放置してきて、
音をいじったり、調整したり、っていういわゆる音響の方に目が行かなかった。
これ、歌ってみた系をやろうってんなら気付かなかったことが致命的。
素録りのヤツを昨日までアップしてきたのが結構恥ずかしい。

とりあえず、まずどれだけ差があるか提示。
……とか思ったらFC2やってくれるな。
ファイル消されてるし(´・ω・`)

止むを得ないので無料のうpろだに放り投げた。
もちろんパス付き。まだ知らない誰かに持っていかれるのは困るので。
パスは「aqua」。とりあえずファイルは↓。

you:非エフェクト版
http://neko-loader.net/up/src/neko33231.mp3.html
you:エフェクト改訂版
http://neko-loader.net/up/src/neko33230.mp3.html

エアーマンはまだ未完成ってことで削除されたままにしとく。
今日の晩には歌いなおして復旧させようかなあとは思う。
フル版を歌ってみようか……正直悩み中。

しばらくは無料うpろだの世話になりそうです。
ニコニコにいければこういう苦労もしなくて済むんだがなあ……。

【 Read More 】
07 , 30
何回録っても 何回録っても
ワンテンポが揃わないよぉぉぉおおああああああ!!

僕のリズム感がないってんじゃなくて、PCの処理速度が遅いのが原因。
取り込むまでの間に生じる処理能力的なラグのせいで、
どんだけ合わせて歌っても微妙にズレる、ズレまくる。
ツール補正も試してみたけど、音ズレ相手じゃ意味がない!
だから次は上手く歌うために、
僕は腹筋だけは最後までやっておく(´・ω・`)

http://aquapalace.web.fc2.com/air.zip

例によって著作権は「てつくずおきば」に(ry

あーくそ、微妙に風邪気味だ。
喉が死なないように気をつけねば。

07 , 29
決して満足に至るものではない。
始めたばっかりからいきなり満足していること自体、どうかしている。
つまり、現状、不満だらけ。
納得なんかしちゃいない。
まだまだ模索することはたくさんあるだろうし、
学ぶことや、練習することだって多い。

そんでもまあ、初録りのものを人前に晒してみようとは思う。
評価がつくとかつかないとか、そんなもん関係ない。
つーかここ見てるヤツほとんどおらんじゃろし。
だから、好き放題に載せる。
全ては自己満足以外の何者でもない。

http://aquapalace.web.fc2.com/you.zip

なお、著作権は全て07th Expansionに帰属する。
借り物はあくまでも借り物。
そこをハッキリしておかないと、JASの人たちが怖い。



とりあえずマイクはこれでいいかなー、とは思う。
歌唱法とか声の方向性とかはまだ全然決まっていない。
毎日歌っていれば何か見えてくるだろう。
色んなものを歌って、色んなものを考えて、
その中でよく出来たものをニコニコ用に作ってみたい。

あ、ちなみにファイルは一週間としないうちに消します。
いくら誰も来ないからったって、
練習レベルのものをいつまでも載せておく気はない。
それと著作権怖いし。
スパイダーマ風に言うと、「許せッ!」ってカンジ。

07 , 28
注文してたマイクとどいたー。
早速歌う、しかしノイズ酷くて録音する気にもなれない(´・ω・`)
と思って録音してみたらノイズ消えた。
意味わかんね。

しかしまだまだ練習と調整が必要すぎ。
こんな素人歌唱では誰も聞いてくれない(´・ω・`)
もっとも、素人歌唱の集うニコニコ動画なんだが、
出来るなら人前で歌って恥ずかしくないレベルで出したいよね。
つーかまずは歌のレベル云々の前に、環境がダメすぎる。
せめて声がクリアに聞こえるレベルにマイク調整しなくては。
あと、マイク持って歌うとノイズが悪化する予感。
スタンド買おうか検討中。
でも、どこに置く気だ、この狭い部屋の。

とりあえず今夜も腹筋オンライン。
たるんでいるのは腹肉か、それとも精神か。
いずれも克を入れないといけない。
たるんだままでは許せないぜ。



次の更新でアップできる程度のものが出来るだろうか。
努力を要する。


07 , 25
笑いのツボを堪えるほうじゃなく、マジで筋トレ。
ちょっとやっただけで筋肉痛になった。ヘボい。
しかしそれってまだ贅肉率と筋肉率だと、筋肉率のが高いってわけで、
極限まで衰えているわけではないと自分を慰めてみる。

とかく、声の出がよくない。
声質もさることながら、声量が断然足りない。
腹から声を出せ、とはよく言うが、肺活量の絶対量が減りすぎて、
声が全然伸びないし、小さい。泣ける。
腹筋だけではどうやら足りないらしい。
ジョギングも生活に組み込んでみようか。恐らくバテるが。

とりあえず近所の音楽店でマイクを予約5200円也。
一番安いのを頼むあたり、本気の度合いが知れている。
でもそんなもんでいいと確信する。
プロを目指すわけじゃあないしな。遊びにしては大胆な投資だ。
それでも、久しぶりにいい遊びをしていると思う。
僕にしては建設的で何よりだ。

http://www.nicovideo.jp/mylist/942407/1175696
んで、↑は恐らくニコニコ歌姫の中で最高の歌唱力を持つ方のリスト。
サリヤ姉さんうますぎ。聞き惚れる。
一部でサンホラを歌ってほしいというオファーが出ているようだが、
個人的にはやめてほしい。頼むからやめてほしい。
あれは僕とあの人が……いや、今更無理な話だな。無様な夢。
それでも、願いたい。
彼女の喉が再び歌を奏でる日を。

07 , 21
いさじに触発されて歌うことを決意。
しかし声が出ない、肺活量激減したせいで息が続かない。
ついでに喉がガラスレベルにまで弱体化。
これではとてもじゃないが歌のお兄さんにはなれない(´・ω・`)

あと、ウェブマイクでは音が酷すぎ。
ちゃんとした集音マイクを買わなきゃいかんと固く決意する。
最後の問題はご近所の反応なわけだが、
「ついにあの兄ちゃんも病院サ通うんだべが?」
とか思われてたら超ショック。
いや、うん、叫んではいるけどまだ医者のお世話になるには早いんだ(´・ω・)

っていうか家族に止められないことを祈らなければならない。
誰もいないうちに歌うしかないんだろうか。
「家族に内緒で歌ってみた」とかつけるべきなんだろうか。
いや。
「家族合意の上で歌ってみた」にしたいような……。
……の前にマイク買おう(´・ω・`)

07 , 17
台風ときて、大地震。
この一週間だけで、どれだけの人が被害にあったことだろう。
少なくとも僕の身の回りではそういう話はないようだが、
この1億と三千万ほどの人が暮らす島の上で、
その何%かの人が大切な人を失ったり、怪我を負ったり、
大事な家が倒壊してしまったりして、悲嘆と重たい涙を零したことだろう。
そういう人たちにまずはご冥福と、同情の言葉を送りたい。
辛いだろうけど、頑張ってくれ、と。

それでもやっぱりンなこと言うのは他人事だからだ。
随分、目線が上の位置にいるのだと気付かされる。
本当にそういう言葉を吐きたいのなら、ボランティアなり義援金を送るなり、
そういうことをしてからにすればいい。
そうも出来ず、ただのらりくらりとしているだけの自分に、
彼らに同情する権利は決してないように思うのである。

幸い、うちの地方は台風も地震も何の影響もなかった。
相変わらず危機回避に優れた場所である。
東京や東海で地震が怖いという連中は、いっそこっちに越してくればいいと思う。
年間通して、豪雪以外の被害は大してない地域だ。
自殺率だけは高いけれども、そんなん人それぞれだ。
生きようとする意志のある人にとっては、この町はきっと安全な場所となるだろう。

逆を言えば。
生きる気力を失った人にとっては、この町は危ない。
重力に魂を引かれる、とはシャア・アズナブルの弁だが、
きっとこの町は過去に魂を引かれた人間の集うところだ。
前向きに未来を得ようとする人間はハナから寄り付かず、
足を止めた人だけがこの街で妥協という渦に飲まれていく。
僕もその一人として、この町のクラシックな幻想に踊らされている。
無意味にふるさとというのは、もはや意味もない過去を蘇らせる。
中学時代のことなんて、今更どうになるわけでもないというのに。
川辺を見るとつい、そんな影が蘇るのだ。


ニコニコで聞いて以来、ちょっと気に入っている。
それもまた幻想と知りながら、ありえない追想と知りながら、
それでも僕はこういう歌を好きでありたい。
太陽の花、か。
きっと貴女には相応しいと、今でもそう思う。




07 , 12
収入があるのと社会人として働いているのとはまるで違う。
フリーターをしていて痛感するのはそこだ。
基本的にフリーターなんてのは職として認められていない。
ただ、小遣いがあるだけのニートと変わらない。
主観で言えば働いた気分があるのだが、
客観から言えばやはり「無職」と大差がないのである。
それは年齢とともに比例拡大し、重みを増していく。
だから、僕のようなモラトリアムの架空存在(フィクション)が増えていく。

MMOを漂っていて出会うのはそんな人ばかりだ。
過去を尋ねれば、かつて正社員だったとか、今フリーターだとか、
大体がそんなカンジ。
現役で正社員をしていて、バリバリ働いている人はそんな場所にいない。
そもそもにいる余裕さえないに違いない。
だから、間違えようもなく、「住む世界が違う」。
当たり前に仕事をして、自分の生活のために尽し、自分を高めれる人は、
絶対にそんな場所に近づいたりしないのだ。

ある意味で、そういう趣味に対して偏見を持って、
「キモい」と言える人はうらやましい。
なんか根暗っぽくて引きこもりっぽくて正直、人間としてやばくね?
とか思える人が実にうらやましい。
それはある意味で、実生活を重視して、オシャレに金をつぎ込んだり、
旅行をして色んな場所を見て回ったり、美味しいものを食べたり、
可愛い子とデートしたり、ホテルに行ったり、
そういう風にして、当たり前のことを望むためのファクターになるのだから。
もちろん、僕にだってそういう望みはある。
けれども、一人で叶えるには、その望みはあまりに薄っぺらなのだ。

ファッション? 誰に見せるってんだ?
旅行? 一人旅は嫌いじゃないが、実に哀愁漂う話だよ畜生。
そりゃあ確かに美味いもんは食べたいが、別にチキンラーメンだっていい。
デート? そもそも相手なんていねえ。
セックスなんて出来るはずもねえ。
だから、自分の中の望みはどんどん小さくなる。
別に一人でもいいだろう、と。だったら、着飾る必要さえないだろう、と。
そんな具合で、どんどん矮小化していく自分がいるのだ。
それが恐ろしい。

どれだけバカだろうと、野望や大望を持っている人は偉い。
それだけで十分に偉く、価値がある。
夢見がちでアホだと罵られるようであっても、
絶対に譲れないだけの願望があるというだけで、
それは生きるファクターになり得るのだから。
それを失った人間ほど、脆いものはない。
例えるなら、
翼があっても飛ぶことを忘れた鳥や、
エサを取ることを忘れたライオンと、
一体、何が違うというのか。
願望を失った生物は、やはり朽ちるしかない。
それだけ、愚かであっても夢や希望というのは、大切なものなのだ。

僕はその大切なものを二つ失って、今、漂っている。
その大切なものに代わるだけのものが、この先あるとは思えない。
一つだけなら、せめてなんとでもなるのかも知れない。
けれども二つは無理だ。無理すぎだ。
いくらなんでも、失ったものが大きすぎる。

だから、今はこのモラトリアムで飛ぶことを思い出そうと足掻いている。
何が出来るわけでもなく、何も出来ないに等しくても、
せめて、飛ぶことを思い出せるのなら、僕はいくらでも嘲笑されたい。
なんとか、しなくては。


ゲームをする時にBGMとしてかけたRin'の「サクラサクラ」が、
なんだか今の心境を悲しいほど表していたので載せておく。記録。
引き出しの中の湿気た花火、のところが痛すぎる。
実際、線香花火が引き出しの中で湿気てるものだから。

07 , 07
42kmという距離は大した距離ではない。
車で移動するのなら、一時間とかからない距離だ。
だけど、僕にとってその42kmはあまりにも遠い距離だ。
恐らく、絶対に辿り着けない、限りなく無限回廊に近い42kmである。

だから、今日と言う日におかしな夢を見ざるを得なくなる。
七夕に込められた昔からのバカバカしいロマンス。
一年に一度、織姫と彦星が会えるなどという儚い恋物語だ。
今時、小学生の女の子だってこんな冗談みたいなロマンは見ないだろう。
だけれども。
僕にとっては冗談だろうとなんだろうと、
そのロマンに手を伸ばさざるを得ないのだ。
そのくらいしか、このエンドレスな42kmを埋める術が思いつかないのだ。
お話にならない。
実に格好悪く、情けない。
それでも……そう望むことくらいしか、僕のロマンは残されていない。

望み、手を伸ばして叶うことがあることを、忘れたわけではない。
ただ、伸ばした手を振りほどかれるのが怖いのだ。
あるいは、その逆が起こり得ることも。
だから、手を伸ばすことが、そもそも難しい。

もしも今日の夜、満天になるだけ晴れているのだとしたら、
久しぶりに星を見上げてみよう。
せめてそこだけは……そこにだけは夢を見ていたいのだ。

07 , 04
ビリー隊長の元にキャンプインしてみた。
基礎プログラムからして途中でリタイアしたorz
そもそも基礎体力が終わっている。
これがハートマン軍曹だったら僕はもう殺されているかタマを取られている。
正直、ここまでハードなものだとは思っていなかった。
っていうか自分の体力の衰えがここまでとは理解していなかった。
マジ腹筋足りない。
しばらくは基礎プログラムを反復しなくてはならない。
基礎が出来なきゃ応用なんていけるはずがない。

夏場に好んでこんな暑苦しいことしてるあたり、なかなかおかしくなっている。
とはいえ夏バテするわけにもいかんので、ここらで引き締めるのも悪くない。
体が衰えれば心も衰える。その逆もしかり。
心身ともに健康でありたいのでよろしくお願いします、ビリー隊長。

多分、筋肉つくから痩せるどころか太りそうだけどな。

07 , 02
バイト生活に戻って二週間。
多少、気持ちは前を向いていると思う。
生活リズムは夏場だけあって多少乱れているが、
整い過ぎて壊れていた四月、五月に比べればよっぽどマシだろう。
少なくとも、かつての記憶を忘れたいと思っていた時期を越えたおかげで、
今は前よりも幾分か楽に生きていられるようになった。
忘れたいわけでもなく、忘れたくないわけでもなく、
覚えていようと、そう思う。
長い人生だ。
いつかまた彼女に出会うこともあるだろう。
その時に全てを破棄した苦い記憶を呼び起こすよりも、
忘れずに残しておいたほうが、きっといいはずなのだから。

だから、そういう重たい荷物を背負ったままで行こうと決めた。
いつかその荷物を平気で背負えるだけの心の筋力がつくだろうから、
それまでは辛くとも踏ん張らろうと、そう思う。

そういえば体の筋力も随分落ちた。
夏を前にブートキャンプに入らねばならないな、と感じる。
特に握力の低下が危ない。これからは毎日が鍛錬だろう。
多少自分に厳しくありたい。

……しかし、本当に普通の日記だな。
もうかつての気概も何もない。
ただ、自分の記憶を晒すだけで精一杯。
議論も理論もいらないな、とそう思う。
出来るなら、もう一度だけ本気になってみたいけれど、
今はまだ、上手く整理がつけられない。
ただ、心の色だけは失わずにいよう。
大切なことを、忘れぬように。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。