FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06 , 30
仕事上がって、帰宅して、
「お、チャボ、久しぶりだなー」
って近所の茶色の猫さんを触ろうとしたら、どうやら寝てたようで嫌がられた。
「ごめんなー」
って謝りつつ触ろうとしたらやっぱり嫌がられて逃げられた。

当然だと思う。
けど、その当然を理解できてなかった自分が情けない。

人だって同じだ。
嫌な時は嫌。
間が悪い時は悪いし、気分がノらない時だってある。

その当然を判らずに、一方的に気持ちを押し付けていた自分を見つけて愕然とする。
触りたい、撫でたい、守りたい、愛したい。
相手の気持ちを考えれない、そんな自分勝手を許してきたことが、
どうにも、これまで俺が全く上手くいかなかった理由なのだとようやく気付く。

本当の優しさや気遣いって、何かをしてあげることじゃないんだなって理解する。
欲しい時にそっと支え、そっと与える。その準備だけは常にしておく。
そういうことなんだな、と猫を通じて理解する。

猫は不思議だ。
言葉なんて何もないのに、こっちに色んなことを教えてくれる。
もしかすると、人間の言葉なんて大して意味がないのかも知れない。
だって彼らは喋らなくても気持ちを読み取ってくれるのだから。

スポンサーサイト
06 , 27

6300kmまでは届かなかったけど、5200cmより先に俺はいた。
23.4度傾いて眺めた風景を、俺は見ることがなかったように思う。
空の高さも、空の広さも、自分と同じように頑張っている人たちのことも、
歌うことも楽しさも、意味も、原点も、全部忘れて浮かれていた。

振り返ってみて、初めて気付いた。
自分の手はこんなにも短くて、生身の自分はこんなにも弱いんだって。
歌をなくしたら俺には何が残るんだろうと思って、
試しに歌を捨ててみて、やっぱり生身のひ弱な俺が残っただけだった。

その世界でしか、俺は自分の名前を名乗れない。
ニコニコ動画の「あの人」を名乗っても、伝わらないことは激しく多い。
自惚れていた。ほんの一瞬、隆盛を迎えたからって、浮かれていた。
俺の名前なんて、実は何の価値もないのに。

MMOでLvを99にしたよ、って喜んでいるのとよく似ている。
その世界では褒め称えられることかも知れないけれど、
外から見たら、誰にも伝わらないんだと、ようやく気付く。

俺は。
生身の俺をもっと鍛えないといけない。
体一つでどこでもやっていけるくらいに、もっとしっかり、自分を磨かないと。
生きていく力を、もっと身につけたい。

06 , 26
好きな人が出来たよ。
片思いだけど。
相手には遠距離の彼氏がいて、けれど相手の男は弱い男で、その人を4回も捨てようとした。
その結果、彼女も君と同じように鬱に掛かって、薬を飲んで、苦しんでいる。
手首も切った。

愛で苦しんでる人ばっかりだ。

助けてあげたいと思った。救ってあげたいと思った。
だけど、その人にはもう3回も振られている。
どれだけ想っても、どれだけ尽くしても、やっぱり今の彼氏の方がいいんだろう。
この間、渋谷で気まずい別れをして、俺は一人取り残された。

……こんな風にしか人を愛せない自分が泣けてくる。
やっぱり、待つことしか出来ないんだな。



なあ、君よ。
俺は君を救いたい。
絶望の淵から少しでも君を救う手助けになるのなら、俺はこの手を貸そう。

だから、俺にも勇気をくれ。
人を救うための自信を。
人を笑顔にするための力を、俺は取り戻したい。
俺は君を救うことで、俺自身の弱さを克服したい。

かつては、君が太陽だった。
今度は俺が太陽になる番だろう。

明日から三日、休みが続く。
君の望むように俺を使え。
君のためだけに時間を空けてあるから。

久しぶりに顔が見たい。
明日の午前、連絡待ってる。

06 , 26


俺に君を助けるだけの力はないよ。
そんなものはもう何年も前に失くしてしまった。
今、俺にあるのは歌を歌う喉と、話を聞く耳だけ。
残りは古い友人として、見捨てておけない同情心か。

なあ、君よ。
恐らく、次に会ったら、それが人生で最後になるよ。
いつまでも俺も君に引きずられているわけにいかない。
しかし、こうも苦しんでいる君を見捨てるわけにもいかない。

君は俺に何を求める?
なぜ俺に助けを乞う?

絶望に沈んだ3年間。迷走して喘いだ1年間。
君に俺の気持ちが理解できるだろうか?
絶望の淵で諦めずに耐え続けた俺が、
1年前、本当に絶望したことを、君は理解しているのだろうか?

そんな俺に何を求める?
生憎俺は、君の心の薬箱でも医者でも正義の味方でも、まして恋人でもない。
何度も縁の途切れた友人だ。

だから、もう一度問う。
君は俺に何を求めるのか、と。
チープな慰めなら他に求めた方が安いと思う。
俺が与えられるのは、かなり重いものだけだから。

http://db6.voiceblog.jp/data/aquapalace/1245939302.mp3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。