FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


05 , 24
ふと、振り返ることだってある。
勢いでやったこと。
足踏みして出来なかったこと。
色々熟慮して、しっかり出来たと思ったのに、やっぱりダメだったこと。
多分、半分以上は
「出来なかったんじゃなく、やろうと思いながらやらなかったこと」
だと思う。
うだうだ言って、逃げることに頭を使って、結局はやらない。
それが自分の中で一番最大の欠点だった。
弱気とか、そういうんじゃない。
やる気がありながらも、
躊躇って、自信を失くして、自分で勝手に諦めた。
それは誰にだってあることで、けれどそれゆえに最大の欠点だ。

誰に気を遣う必要もないのに。
誰に咎められても気にしなければいいのに。
誰でもいい他人のために身を退いたって何の得にもなりはしないのに。

それは言うまでもなく、自分への敗北に他ならない。
誰かのせいにしたり、自分に言い訳したり、同情を求めてみたり、
そんなことに頭を使っているのなら、もっと他にやるべきことがあるだろうと。
それでも心のどこかでその弱さに抗いきれないからこそ、人は失敗してしまう。
それだけのことだけど。

やりたいことはやりたいと言えばいい。
わからないことはわからないと言えばいい。
格好悪いことを変に隠そうとしない方がいいし、
人間、出来ないことはやっぱり出来ない。
そういうものを「子供」だとは言わない方がいいと思った。
「理性的なオトナ」と全く逆の、「本能的なオトナ」の生き方ってあると思う。
だって、間違いを犯さない人間はいないし、理屈だけがまかり通るわけじゃないから。
今の日本では特にそうで、理屈よりむしろ感情の方が世論を、世界を動かしてるわけだし。

だから社会から見て間違えていたとしても、僕は恐れず自分を発信しよう。
あの日、待つと決めたあの日から。
僕は社会に逆行してでも自分を押し通すと決めたのだから。
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。