閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06 , 24

「英雄」を歌って以来親しくなった5コマさんが、
また歌い手を応援する歌を作ったので、即日歌ってみた。
こういうノリが僕にとって「歌ってみた」だと思うんだよねw
再生数とか意識しないでさ、誰かの目を全く気にしないで、
とにかく、好きだから歌ってみたいって、そう思うカンジ。

今回辺りからMIX技術が結構レベルアップしてきてると思う。
MIXの「いろは」をちょこっと覚えたので、
そこらの歌い手さんに比べるといい音質でお届けできるはず。
ニコニコにうpする以上、
「歌がうまい」ってことも大事だけど、
動画としての精度がいいことが結構重要だったりする。
だって、人の耳に届くのはどうしても「MIXされた音」になっちゃうわけで、
こう考えると、MIXって言うのは必要不可欠な足し算だと思う。

「最終的な評価=歌の評価+MIXの評価+動画の評価+歌い手自信の人気」

これは他の歌い手さんの曲をMIXしながら考えてたことなんだよね。
上手い下手なんてのは、実際はMIXについて言ってる部分相当あるんだなあ、って。
だったらそれって、歌それ自体が評価されてるわけじゃなくね? とも思って。

動画になった時のボリュームが低くて、
「腹から声だせよ」とか言われてる歌い手さんがたくさんいて。
動画になった時に音質が悪くなって、
「なんか鼻声じゃね?」とか言われてる歌い手さんもいて、
動画になった時にリバーブが強すぎてて、
「なんか風呂場で歌ってるみてえ」とか言われてる歌い手さんもいて、
なんていうか。
そういうもんだなあ、って思ったら一生懸命MIX勉強してた。
人の声を出来るだけ自然に聞かせるのって、技術なんだなあ、ってわかった。

全てはきっとそう。
才能だけでいけるところは3割。
残り3割が努力と技術。
そして残り3割が人をひきつけるためのプロデュースと地道な営業活動。

ラスト1割?
人柄じゃないかな。
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。