FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07 , 16
人生に確率論を適用できるほど、
人間は人生についてそこまで理解できてはいない。
運命は何一つ決められていないし、定められていない。
全ては自分の意思が決めること。

大切なのは、自分で選んだ答えを信じ貫くことだと思う。
Aの箱を選んでも、Bの箱を選んでも、その中身は案外ちっぽけなもの。
「あの時こうしていたら」っていう、ありもしない「if」を考えたりしなければ、
人生は常に前向きの一本道になるのだから。

進んだ先が間違いだったとしても、悲嘆すべきものだとしても、
立ち止まって、俯いて、挫折しさえしなければ、人生はどこまでも続いていく。
前に進もうと願う限り、人生に間違いなんて存在しない。

正しいこと、合理的なこと、相対的に見た順当な答え。
そういうものとは正反対の場所に僕は居る。
間違っている。
ああ、間違っているんだと思う。
けれど、それは社会が下す採点で、答え合わせ。
自分の生き方を正しいかどうか決めるのは、
どこぞの誰が敷いたかもわからない社会のルールではなく、
自分自身の胸ン中にある、知恵や利口さとは無縁の、魂の温度だろう。
「この生き様なら アツイ」「こう生きてみたい!」
そう思えるものが一つでもあるのなら、
どれだけ間違っていたとしても、それは誰にも否定できない絶対のアンサーになる。

少なくとも僕は人生における答えを一つだけ見つけた。

「諦めない」

たった一言のソレを抱えて、僕は生きてる。

そうとも。
どれだけ嘆いても、どれだけ俯いても、
一番大切なのは、立ち止まらずに最後まで走り抜くこと。
他の誰と競争するわけでもなく、追いかけるのは自分の理想。
その理想に辿り着くまで、とにかく一歩一歩前に進めばそれでいい。
歩みが遅くても、道を間違えても、最後の最後でゴールテープを切ればいい。

こういう想いが迷いを吹っ飛ばす最高の道標になる。
僕はそんなこんなで、間違いだらけの人生を邁進してる。

まあ、いいじゃん。
人は人、僕は僕。
社会の評価が必ずしも正しいとは限らない。
大事なのは他人の目じゃなく、自分がやりたいかどうか、だと思う。
ぶち抜けばいいんだ。
迷いも、戸惑いも、全て。
それがアンサー。頭悪い、最高の答え。
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。