閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


08 , 01


グレンラガンを何度でも見直している。
エヴァに届かなかったけれど、あれはエヴァよりもっと評価されるべきだった。
だってそう。
あれは、今の日本人が失っている、一番大切なものを描いているんだから。

誇りを。
信念を。
魂を。
頭の悪い熱血を。

冷めた目で、冷静に、大人のふりをして、
妥協して、打算的になって、諦めて、
自分が傷つかないように、作り笑いでごまかして、
そんな
そんな風なこの社会を、真っ向から否定する。
それがグレンラガンってアニメだった。

このトシになって未だにアニメか、ってバカにされるかも知れない。
違う。
僕は確かに間違っているけれど、
でも、そこだけは絶対に違う、って言い張る。
アニメ以外に、こんなバカげた話をどこで書けるってんだ!
こんな熱い想いを、どこでぶちまけるってんだ!
飄々と仕事をこなして、人と同じ顔で、空気読んで生きるのが正しいのか!?
ただ黙々と今の生活を、我慢して、我慢して生きるのが正しいのか!?
守るべきものがあるのなら、それは大切なことだ。
歯を食いしばって、社会の嫌なものを耐えながら、頑張らなきゃいけない義務がある。

だから。
そうやって今の暮らしを守ろうとする人が頑張っているのだから、
だからこそ。
僕みたいな「外側」の人間が、外側からぶっ壊していかなきゃいけないんだろうな、って。
そう思う。

何が出来る、って言われたらすごい困るんだけど……。
声を張り上げるくらいは出来るんじゃないかな、って思う。
今、どこの学校でも応援団っていなくなっちゃってるらしいし、
人を応援する、ってこと自体、そんなになくなってるんじゃないかな。

今更こういうのはあれかも知れないけど。
社会に魂を。
この停滞した社会に火をつける、そんな仕事をしてみたい。
それが今の僕の夢。

暗いと不平を言うよりも。
進んで灯りをつけましょう、ってテレビでも言ってた。
そうしてみたい、いや、そうしてやろう。
やり方も、考え方も、動力さえもむちゃくちゃで。
そういうのを貫き通して、やってみよう。

期限は多分、半年後。
さて。
頑張ろうかな!
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。