FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06 , 26


俺に君を助けるだけの力はないよ。
そんなものはもう何年も前に失くしてしまった。
今、俺にあるのは歌を歌う喉と、話を聞く耳だけ。
残りは古い友人として、見捨てておけない同情心か。

なあ、君よ。
恐らく、次に会ったら、それが人生で最後になるよ。
いつまでも俺も君に引きずられているわけにいかない。
しかし、こうも苦しんでいる君を見捨てるわけにもいかない。

君は俺に何を求める?
なぜ俺に助けを乞う?

絶望に沈んだ3年間。迷走して喘いだ1年間。
君に俺の気持ちが理解できるだろうか?
絶望の淵で諦めずに耐え続けた俺が、
1年前、本当に絶望したことを、君は理解しているのだろうか?

そんな俺に何を求める?
生憎俺は、君の心の薬箱でも医者でも正義の味方でも、まして恋人でもない。
何度も縁の途切れた友人だ。

だから、もう一度問う。
君は俺に何を求めるのか、と。
チープな慰めなら他に求めた方が安いと思う。
俺が与えられるのは、かなり重いものだけだから。

http://db6.voiceblog.jp/data/aquapalace/1245939302.mp3
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。