FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07 , 27
というものについて、ふと考えてみる。

日本人は元々、誇り高い武家の理を重んじてきた気風がある。
礼節や身形、一挙一動にまでその誇りは突き詰められ、
場合によっては目線の位置や表情の重さなどにも、それが表れる場合があった。
『家』というものを大事にしている古風な、
今で言うところの時代錯誤な、亭主関白で大黒柱たる「家長」のあるような、
そういう重たい空気を持つ家の人間は、やはり社会的に恥をかかぬように、
自然とそういう教えを学び、家の誇りや自身の誇りを守っている。

しかし、昨今の個人主義時代の到来によって、それも崩れ始めた。
『家』という基準を持たないために、恥というのも個人の身に受けるものとなった。
つまり、恥を辛いと感じなければ、恥であっても気にしないのだ。

この点について二つ感じたのは、

1.失敗や侮辱をポジティブに受け入れられる寛容性が今の日本人にはある
2.屈辱的な物事に対して劣等感を抱かないため、自己の成長を促そうとしない気風がある

自分的には1.を奨励したいところだが、現実は2.の傾向の方が圧倒的に強く、
自分自身もまた、そういうネガティブ因子を感じにくくなったせいか、衰えが酷い。
昨今は鬱が流行性の病なので、1.の考え方を奨励する環境が整っているのだが、
もしかすると逆に、2.のように「屈辱的だ」と感じる方が、
自己を成長させる上では、必要なことなのではないか、と感じる。

ちょうど今の時期、田んぼでは稲の水抜きという作業が行われる。
これは田から水を抜くことで、稲の根が水を求め、下に長く伸びる活動を促すものだ。
環境が苦しくなれば、植物は生き延びるために自ずからその細胞を進化させる。
誰が教えたわけでもなく、生存本能として、単純化された生命活動のための進化を遂げている。

最近の日本人は、「成長のための劣悪環境」を受け入れられなくなっているのではないだろうか。
あるいは、その痛みを感じないように「恥」という精神を捨て去ったのか。
前者であれば、僕のように引きこもりがちな大人になりやすく、
後者であれば、現状に妥協してしまいがちになり、プラスに転じにくい傾向にある。


「恥を忍んで、お願いします」
という言葉もかつてはあった。
それは、「恥」をかくという行為に対外的な価値があるゆえの言葉だ。
金やモノでは払えないため、「自分のプライド」を交渉のテーブルに売り渡そうという、
かつての日本人では身を切るほどの痛みを持ち込んだ交渉手段。
土下座、という文化を持つ日本人らしい言葉である。

これもまた、昨今のように、恥を恥と思わない若者には実に意味のない言葉となった。
「恥」に価値を伴って交渉テーブル上に持ち込めたのは、
かつての日本人がそれだけ「誇り」に自身の商品価値を秘めていたが故だ。
今のように、恥を自分から晒すことを美徳としている社会の中では、
恐らく、どれだけ頭を下げても、侘びを入れても、ほとんど意味がないのでは、と感じる。
「恥を忍んで」いるのではなく、「恥を知らない」だけなのだから。


厳密に言えば、価値があったのは「恥」そのものではなく、
礼節や体裁と言った、純白系の美徳である。
これを他者の手にゆだねることで、「汚される」わけなので、
要は一種の身売り的な効果をそこにもたらしてしたわけだ。
今でこそ、恥は掻き捨て、という風な言い様が出来るわけだが、
かつての日本では、恥を掻くということは、それだけで悶死しそうなものだったはずだ。

侮辱も侮蔑も、今の時世ではかつてほどの効果を得られないだろう。
これもまた、今の世に「恥」という概念が薄れてきているためだ。
汚す前から相手が穢れているのでは、貶めることにも同様に価値がないのだ。
望んでバカをやっている人間をバカにしても、相手を喜ばせるだけでなので、
結果、今の世で最大の忌避的行為は「無視」「端的な批判」という温度の低い哄笑になった。
これは「いじめ」というウイルスが余計にタチの悪いものに変質したようなもので、
「恥」は、かつてのような「汚す」ような対象ではなく、
相手を呪い殺すかのような、そういう冷徹な他者否定のものとなってきたように思う。

「恥」に対して寛容な社会なのか、「恥」に対して冷徹な社会なのか。
今の日本の社会は、人間で言うなら「顔で愛想よく笑って、心でもっと冷たく笑っている」ような、
そういうエコノミックで下劣な雰囲気を漂わせている。


お笑い芸人には二種類いるわけだが、
「人で相手を笑わせる人」と「自分で相手を笑わせる人」。
かつて、7~90年代の芸人は自分を切り売りして相手を笑わせていた。
今、バラエティに出ている芸人のほとんどは、相手を弄って人を笑わせる。
つまり、相手に恥を掻かせて笑いを取るわけだ。

笑いの質が変わったことで、こんなにも社会全体に及ぼす効果がある。
人を笑うか、人を笑わせるか。
同じ笑いなら、自身の恥を売り飛ばして笑いを取る方が健全だ。
エンターテイメントの難しさがそこにはあり、前者が有益な社会になったからこそ、
バカにされた時に耐えれるように、皆、恥を捨てれるように生きてきたのだろうか。


話の原点に立ち返るわけだが、
そう考えてもやはり、基盤となるべき「誇り」なくして「恥」はなく、
「恥」を捨て去るからこそ「芸」の道に身を置ける。
いずれにしても「恥」を思うだけの「誇り」が必要なのであって、
そもそも最初から「恥」がないのと、「恥」を捨てるのでは全然話が違うのだ。

人間は、捨てた分だけ得るものがある。
得てもいないものは捨てられないし、やはり得られるものがない。
なら、「何を得ているのか」。
これを理解し、それを捨てることで、必ず前に進む一歩はあるような気がする。

石と宝石と黄金と。
自分の得た全てを分別し、それを取捨選択できたとしたら、
きっと、その先得る全ては黄金になるのではないだろうか。
「恥」はそのセンサーたる何かのような気がする。
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。