閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


09 , 01
人間は習慣の生き物なので、知らず知らずに同じサイクルを繰り返している。
寝る時間、起きる時間、食べる時間、食べる順番、座る姿勢、考え方、etc.
本当に、無自覚のレベルにまで到って、習慣化された行動というのは、実に怖い。
自分では成長していると思っていることでも、本当は同じサイクルで止まっていることが多い。
自分では真っ直ぐ前に進んでいるつもりなのだ。
しかし、気がついたら自分で同じところをUターンすることを選んでいる。
戻り道を選んで、同じことを繰り返している。

涼宮ハルヒのエンドレスエイトをバカには出来ない。
ひどいアニメだとバカにしてみてしまったけれど、
思い返せば、確かに一番怖いものは、その無限ループなのだ。
エンドレスエイトでは、年月が進まないまま、永遠に高校生を続けたまま、エンドレスが出来る。
しかし、現実の人間は、年月を進めているのに、エンドレスを繰り返してしまう。
それも、無自覚に、つい、なんとなく、うっかり、でだ。

習慣と週間を掛けた言葉で話をすれば、
エンドレスエイトの二週間を、週間のループと語ったとすれば、
それは同時に習慣のループと語ることも出来る。
無自覚の習慣化されたループの中では、新しい変化を得ることが出来ない。
キョンが「何か言わなければ、ハルヒが行ってしまう」と判っているのに何も言えないのは、
キョン自身もまた、自分がイヤなものと向き合うのが面倒だったから、
甘んじてループを引き受けてしまっていたのだと、俺は考える。

そもそも、ハルヒが8月を永遠に繰り返していた背景には、
「全て、ハルヒが望んだこと」しかしていなかったからだ。
神様の考えなんてとてもじゃないが想像もつかないけれども、
自分が望んだことしかやれない、というのは、それはそれで退屈なんだと思う。

子供が語る夢の国では、永遠に美しいまま年を取らず、お菓子が食べ放題で、
何でも願いは叶って、嫌なことを言う人は誰もいなくて、自分がその国の王様になれるけれど、
もし、その大好きな世界に飽きてしまったら、どうなんだろう?
ストレスなんてどこにも存在しないし、不安なものなんて何もないはずなのに、
同じループしか出来ない、という退屈さを感じてしまったら、どうなるんだろう。

ハルヒのように、ループのたびに記憶をなくしていられたら、
きっといつまでも幸せを繰り返し感じられるのかも知れない。
しかし、記憶を残したまま同じことを繰り返していたら、それは拷問だ。
三日くらいはカレーを三食食べることが出来るかもしれない。
でも一週間、一ヶ月、一年間、十年間、ずっと毎日カレーを食べろと言われたら、
いくらカレーが好きな人だって、嫌いになる。

幸せを長く感じるための秘訣は、不味いメシを食うことだと聞いたことがある。
ひたすら疲れるだけ疲れて、安いメシを食って、泥のように眠って、
また疲れるだけ疲れて、コンビニのおにぎり程度で自分を満たす。
そうして、たまに贅沢をして美味いランチを食べに出かければ、
これまで溜まったストレスの開放感から、幸せ係数はダブルアップボーナスがつく。
空腹は最高の調味料だ、と言うのも頷ける。

けれど、それはあくまでも自己満足的な観点でしかない。
せっかく作って貰った料理があったとして、それを、
「今は食べないよ」
と言ったら、作った側にとてもとても嫌な思いをさせるに違いないから。
同じループから抜け出そうとしても、どうにもならない部分が、必ずある。

違うループをする、ということは、今のルールを壊す、ということだ。
民主党が自民党を大敗に追い込んで、新しい社会を築くのと同じように、
それまでの安定した形を壊してしまう、ということだ。
それが、幸せをずっと続けていく方法。
フロンティアスピリットに基づいた、先へ進む幸せの感じ方。

自分に無意識に課しているループを、ちょっとずつ壊していきたい。
そこを通るのがいい、と思っているループを、ほんの少しずつ壊して生きたい。
いつもと違う道を通る楽しさを思い出したい。

それでもまだ、自分の中だけの「want」なのか。
自分についてしか、考えていないのか。
遠い。まだまだ遠い。
こんな自分では、まだまだ足りなすぎる。

人を幸せに出来る「want」って、何なんだろう。
望むことで人を幸せにするには、どうしたらいいのか。
与えることではなく、望むことで幸せに……。
わからない。まだわからない。
もっと時間を掛けて考えよう。
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。