FC2ブログ
閉鎖した世界。
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


09 , 08
不意に寝起きの頭に降りたそのイメージ。

あらゆる物事は、繋がる事で存在を強固にする。

原子と原子が結びついて、分子構造を構成するように、
モノとモノ、モノと金、モノと人、人と人。
そういう何もかもが、結びつくという力によって、生きる力を高めているのだと悟る。
結束の力、と言い換えると何か選挙や企業のあり方に聞こえてしまうけれども、
原子と原子が、電荷の相反性によって引き合うのと同じように、
「引き合う力」や「引き寄せる感触」があると感じたものは、
確かに強い何かを生み出しているような気がする。

繋ぐ力、引き寄せる力、そしてそれを維持する力。
結ぶということは単純な力技ではない。
婉曲し、屈折し、粘着し、そうやって繋ぎとめておく執念や忍耐が必要なもの。
そういう結合力を持つ人間を「カリスマ」と呼ぶんじゃないかな、と思う。
自然と人が集まり、協力し合える環境を整える一種の才能。
それを維持するのは、才能ではなく、やはり努力なんじゃないかなーと考える。

そういえば、以前ザ・シークレットという啓発本を紹介して貰った時にも、
「引き寄せ」こそが世界の神秘だ、というような話を耳にしたことがある。
夢や希望は着実に積み重ねるものではなく、引き寄せるものだと。
ニュアンスが重視される話なので説明すると実に陳腐に聞こえるが、
自分を一つの磁石に見立てて、人を惹き付けるようにすることこそ成功の鍵だとその本では言う。
確かに、自分から土下座気味に学びに向かうことより、
何か閃いたかのように、感触で「これはいい」と思ったものは、
違和感なく、ポジティブに成功に導かれることが多い。

これはしばらく暖めたい考え方の一つとしておく。
一つ、把握したことは、
少し前の自分は、結合力と反対のもの=反発力しか発揮していなかった、という点。
引き寄せるということは、受け容れるということ。
受け容れるための蓋を閉じて、否定の言葉で自分を満たしていたのでは、
成功を促すための結合力は発動しない。
まず、受け容れること。
失敗も、成功も、否定も、賞賛も、全て受け容れることから始まる。
それが、第一歩なんだろうな、と思う。
スポンサーサイト


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。